WTA2019年を振り返る:大坂なおみ、バーティ、アンドレスク、ガウフら若手が大躍進(前編)

WTA2019年を振り返る:大坂なおみ、バーティ、アンドレスク、ガウフら若手が大躍進(前編)

2019年は女子プロテニス界にとって、若手選手の活躍が顕著で刺激的な1年だった。これまではスター候補が現れては消えていったが、2019年は良い意味で予想外の、安定した実力を持った若手スター達が次々と登場し、ファンを興奮させてくれたと、インドのメディアScrollが伝えている。


この10年間で最も目立った活躍を見せたのはセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)だったが、「全米オープン」の決勝で、初出場のティーンエイジャー、ビアンカ・アンドレスク(カナダ)に敗れた。これは、今年の女子テニスにおいて最も注目を集めたニュースの1つとなった。


また、2019年の四大大会では、大坂なおみ(日本/日清食品)、アシュリー・バーティ(オーストラリア)、シモナ・ハレプ(ルーマニア)、そしてアンドレスクと、それぞれ異なる大陸の出身者が優勝している。これは、女子テニスにおいて史上2回目のこと。WTAにとって最高にセンセーショナルだったこの1年、注目された話題を順不同で集めてみた。


バーティの大躍進


昨シーズンを15位で終えていたバーティは、2019年の目標について「ランキング10位以内に入ること」を掲げていた。そのためにはグランドスラムで勝ち進み、大きな大会で優勝しなければならない。それはごく若い頃から多大な期待をかけられていたバーティが、精神的疲労を理由に休養し、その復帰後間もなくのことだった。


そして大躍進の1年となった2019年、バーティは「全豪オープン」で初めて準々決勝に進出。「マイアミ・オープン」で初のプレミア・マンダトリー大会優勝、「全仏オープン」でついにグランドスラムで初優勝し、世界ランキング1位を獲得。さらにツアー最終戦「WTAファイナルズ・深セン」でも初出場で初優勝、テニス史上最高額の賞金を獲得した。ランキングだけでなく、プロとして、メンタル面で目覚ましい成長を遂げた1年だった。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「西岡良仁」のニュース

次に読みたい関連記事「西岡良仁」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 大坂なおみ Instagram
  2. 大坂なおみ twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。