あのテニス選手はダンクシュートができる?できない?

あのテニス選手はダンクシュートができる?できない?

長いテニスのシーズンが終わりを迎えた今、バスケットボールのシーズンが盛り上がっている。多くのプロテニス選手が大のバスケットボール好きなことは、誰もが知るところだ。バスケに覚えのあるトミー・ポール(アメリカ)、ライリー・オペルカ(アメリカ)、クリストファー・ユーバンクス(アメリカ)に、男子テニス選手で誰がダンクシュートができて、誰ができないか聞いてみた。米テニスメディアBaselineが伝えている。

候補者は、明らかにできる人、おそらくできる人、そして、できても良さそうなのにできない人の3種類に分類。時間の都合で、身長183cm未満の選手は規定サイズのバスケットボールでダンクシュートはできないだろうと推定する。


■明らかにダンクシュートができる人


ガエル・モンフィス(フランス)
モンフィスはダンクシュートができるだけでなく、テニス選手のダンクシュート大会を開催すれば優勝できそうなほどの腕前だ。型の美しさで彼に匹敵する人がいるだろうか。


ライリー・オペルカ
オペルカは身長211cmで、もちろんダンクができるし、おそらく50代になってもやっているだろう。バスケットボール選手に転向することをほのめかしたことさえある。彼の体格と横方向の動きの良さがあれば、NBAでもうまくいくだろう。「彼はただ背が高いから上手いっていうんじゃない。普通にバスケが上手いんだ」とユーバンクスは語った。


ジョン・イズナー(アメリカ)
イズナーの身長は208cmとされているが、もっと背が高いように見える。シュートが上手いだけでなく、ダンクシュートもお手のものだ。イズナーは2014年の「ホップマンカップ」のインタビューで「これほど身長が高くなることを14歳の時、誰かが教えてくれていたらバスケを続けていたと思う」と語っている。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事をもっと見る

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「卓球」のニュース

次に読みたい関連記事「卓球」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. バスケットボール B.LEAGUE.
  2. バスケットボール 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。