錦織の現状を海外メディアも報道「全豪オープン」出場は厳しいか

錦織の現状を海外メディアも報道「全豪オープン」出場は厳しいか

日本テニス界のエース錦織圭(日本/日清食品)は、10月に2019年のシーズンを途中で終えた。さらに彼は、2020年1月の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2020年1月20日~2月2日/ハードコート)への出場が疑わしいことを発表した。先日の会見の模様を、米テニスメディアBaselineをはじめとする複数の海外メディアが取り上げている。

錦織は近い将来について、「右肘の手術から復帰できるのが1月の見込みです。あるいは、2月。来年の後半には良いプレーができるようになっていたいと思っています。無理をしたくはありません」と語った。


現在、世界ランキング13位の錦織。2020年に日本で行われるオリンピック出場への思いもあり、2016年のリオオリンピックで日本代表として銅メダルを掴んだ時のように、ベストなプレーができるように努力している。「僕は引退に近づいていると思う」とキャリアを意識しながらも、「しっかり回復して、来年の後半にはいいテニスをしたい」と付け加えた。


29歳の錦織は、今年10月に右肘の手術を受けたため、1年の中でも最も得意とするアジアシーズンを欠場した。現在、彼はその回復状態から見て2020年のATPツアーに戻れる日が遅れるのではないかと感じているようだ。


錦織は今年10月に、長年コーチだったダンテ・ボッティーニ氏との契約を解消。つい最近、元ダブルスの名手マックス・ミルニー氏(ベラルーシ)を新コーチに迎えた。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「錦織の現状を海外メディアも報道「全豪オープン」出場は厳しいか」の みんなの反応 1
  • 通報

    満身創痍、自分のキャリアの最終章を視野に入れて来年から戦っていくのだろう。身体的に不利な状態でランキング10位内に入っているのはすごいと思う。

    0
この記事にコメントする

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 全豪オープン 決勝
  2. 全豪オープン 錦織圭

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。