錦織は4位、1位はぶっちぎりであの選手に。リターンゲーム勝率トップ5

錦織は4位、1位はぶっちぎりであの選手に。リターンゲーム勝率トップ5

テニスにおいて試合に勝利するためには、自分のサービスゲームをしっかりキープすることと、相手のサービスゲームを破ることが重要だ。今回はATP(男子プロテニス協会)のデータを元に、2019年シーズンでリターンゲームの勝率が高かった5人を紹介する。

5位:ダニール・メドベージェフ(ロシア)
メドベージェフは2018年シーズンはリターンゲーム勝率が23.1%で28位だったが、今年は28.0%にまでアップし5位にランクイン。年始は世界16位でスタートしたが、「ATP1000 シンシナティ」と「ATP1000 上海」でビッグタイトルを獲得、「全米オープン」でも準優勝を飾る大躍進を遂げ、キャリアハイとなる4位を記録した。また相手のセカンドサーブでのリターンポイント獲得率は55.6%で3位となっている。


4位:錦織圭(日本/日清食品)
全仏オープン」から悩まされた肘の痛みのため、「全米オープン」後にシーズンを終えたが、今シーズンもそのリターンゲームでの強さは健在。2018年シーズンは24.5%で20位だったリターンゲーム勝率は、今シーズンは28.4%にまで伸びた。来シーズンはサーブとネットプレーに定評のあるマックス・ミルニー(ベラルーシ)コーチを迎える錦織。サーブを進化させ、持ち前のリターン力との相乗効果で勝利を掴むことが期待される。


3位:ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)
小さな巨人シュワルツマンがリターンゲーム勝率31.0%で3位に。これで2017年の34.8%(1位)、2018年の30.7%(3位)に続き、3年連続での30%超え。クレーコーターのイメージがあるが、今年はハードコートでも白星を重ね「ATP250 ロスカボス」では初のハードコートでのタイトルを獲得した。ハードコートでの勝率も今シーズンは6割を超えており、来シーズンはキャリアハイの世界11位を更新してトップ10入りを目指す。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。