【速報】西岡良仁が自身初のグランドスラム3回戦進出。7度目の挑戦で壁破る

【速報】西岡良仁が自身初のグランドスラム3回戦進出。7度目の挑戦で壁破る

全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~男子2月2日・女子1日/ハードコート)大会3日目、男子シングルス2回戦で世界71位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が第30シードのダニエル・エバンズ(イギリス)と対戦。6-4、6-3、6-4で西岡が勝利し、自身初のグランドスラム3回戦進出を果たした。西岡はこれまでグランドスラムの2回戦に6度挑戦し、いずれも敗れていたが、ついにその壁を破った。

第1、第2セットを危なげなく連取した西岡のサービスゲームから第3セットはスタート。第1ゲームでデュースまで追い上げられた西岡だが、ここを落ち着いてキープする。


第3ゲームでも再びデュースに持ち込まれた西岡。そしてこの試合で初となるブレークポイントを握られたが、積極的なプレーでしのぎ、エバンズにブレークを許さない。


第5ゲームでまたしてもブレークポイントを握られた西岡だが、粘りのプレーでキープ。大きな「カモーン!」の声がコートに響いた。


これまでとうって変わって防戦となった西岡だが、第6ゲームでついにブレークポイントを握った。しかし、エバンズにしのがれてしまい、チャンスを活かすことができない。


そしてお互いにサービスゲームをキープし合って迎えた第10ゲーム。西岡が30-40とマッチポイントを握ると、ラリーの末にエバンズのショットがアウトに。西岡は思わずその場にしゃがみ込み、勝利を噛みしめた。


勝利した西岡は、現在試合中の第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と伊藤竜馬(日本/北日本物産)の勝者と3回戦で対戦する。


テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での西岡良仁
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「西岡良仁 + twitter」のおすすめ記事

「西岡良仁 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 西岡良仁 twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。