フェデラーのいたずら「全豪オープン」でコーチとかくれんぼ?

フェデラーのいたずら「全豪オープン」でコーチとかくれんぼ?

ロジャー・フェデラー(スイス)は「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~男子2月2日・女子1日 /ハードコート)ではしゃぎたい気分のようだ。メルボルン・パークでの練習の後、フェデラーがコーチらとかくれんぼし、レスリングに興じる姿がカメラに捉えられた。Yahoo! Sportが伝えている。

フェデラーは、ロッド・レーバー・アリーナの通路を歩きながら、フィットネスコーチのピエール・パガニーニからこっそり隠れ、レスリングをするかのようにヘッドロックで捉えて遊び心たっぷりにいたずらをした。


フェデラーのコーチの1人、セベリン・ルティもこの遊びに加わり、パガニーニを“攻撃”。2人は何度も隠れては攻撃をしかけ、はしゃぎまわっていた。


フェデラー、ライバルたちの“自分勝手”口撃に反論


濃い煙霧の下で予選出場者をプレーさせたことで世界的に批判を浴びた「全豪オープン」の主催者らだが、フェデラーは彼らの大気汚染に関する新しい方針を支持し、“自分勝手”という口撃に反論した。


予選開始後の数日間は、森林火災の煙の影響により大気汚染に見舞われ、メルボルンでは視界が急激に低下した。主催者らは、メルボルン・パークでの試合開催を許可して複数の選手に悪影響を及ぼし、このような状況に対する準備を怠ったとして、後に激しく非難された。


ダリラ・ヤクポビッチ(スロベニア)は咳のため試合を途中棄権、バーナード・トミック(オーストラリア)も息ができないと訴え治療を求めた。不満を抱く選手たちの先頭に立って糾弾したのはブレイデン・シュナー(カナダ)とリアム・ブローディ(イギリス)だった。シュナーは、フェデラーとラファエル・ナダル(スペイン)が、すべての選手を代表して意見しなかったことに対し“自分勝手である”とレッテルを貼り、ブローディはTwitterで主催者側からの連絡を”侮辱”だとした。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 全豪オープン 決勝
  2. 全豪オープン 錦織圭

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。