キリオスが試合中にナダルのモノマネ。警告を取った主審に皮肉

キリオスが試合中にナダルのモノマネ。警告を取った主審に皮肉

全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~男子2月2日・女子1日/ハードコート)で、ニック・キリオス(オーストラリア)が真剣勝負中であるにもかかわらず、彼らしいユーモアを見せる場面があった。

それは男子シングルス2回戦のジル・シモン(フランス)との対戦でのこと。


キリオスは第2セット終盤の自分のサービスゲームで、タイムバイオレーションを取られた。今大会ではショットクロック(前のポイントが終了後、25秒以内にサーブを打たなければならない)が採用されているが、キリオスは25秒以内にサーブを打てなかった。


納得がいかないキリオスは主審に少し文句を言うも、気を取り直してサーブに集中。審判への怒りをぶつけるかのようにサービスエースを叩き込んだ。


しかしそれだけで収まらないのがキリオスだ。なんと次のポイントでは、ナダルのサーブ前のルーティーンをモノマネして見せた。


ナダルはサーブ前のルーティーンが長く、度々タイムバイオレーションを取られている。しかしキリオスからすれば、時間がかかり過ぎているにもかかわらず、ナダルはタイムバイオレーションを取られる頻度が少ないとして、以前Instagramに自身とナダルのサーブまでの時間を比較した映像をアップしていた。


さっきのがナダルでも本当にタイムバイオレーションを取っていたの?という皮肉を込めた抗議だと思われる。


予想外のタイミングでナダルのモノマネを見た観客たちは大興奮。警告を取った主審も、笑いを隠せないでいた。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 全豪オープン 決勝
  2. 全豪オープン 錦織圭

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。