スポーツSDGs 元センバツ全国第3位の髙野健一選手は、立位テニスでも活躍中【第42回全国選抜高校テニス大会】

スポーツSDGs 元センバツ全国第3位の髙野健一選手は、立位テニスでも活躍中【第42回全国選抜高校テニス大会】

生まれつき左上肢のすべての指の欠損という障がいを持ちながら、小学生でテニスを始め、ずっと健常の方と一緒に一般のテニスをし、東京学館浦安高等学校時代は「第32回全国選抜高校テニス大会」に出場し、全国第3位に輝いた経験もある髙野健一選手。

立位テニスに転向してからは、障がい者立位テニスの国際大会「TAP USA OPEN 2018」に優勝もした立位テニス界の期待の星だ。


まずは、髙野選手に全国選抜高校テニス大会に出場した際の感想を伺った。


全国の高校生テニスプレイヤーの目標でもある選抜テニスに出場した時は、緊張したが大きな舞台でテニスをするのは、気持ちが良いなと思ったそうだ。


産まれながらの障がいを持ちながら強豪校のテニス部に所属していても、自分としては、障がいの不利感は全く感じていなかったし、対戦相手や仲間たちも感じていなかったと思うと爽やかな笑顔で語った。


テニスの魅力を聞くと、個人競技でもあるテニスだが、高校時代に、部活で集団行動を学べ、人との繋がりでき、試合中は相手に勝つことだけを考えてプレーしているが、試合後は全国の対戦相手とも友達になれ、自分の世界も広がり、テニスをしていて本当に良かったと思っているそうだ。


今は、自分も大きな刺激を受けた「立位テニス」をまず皆さんに知ってもらいたい。手がなかったり、義足だったり、麻痺があったり色んなタイプの障がいを持った人達が、工夫をしながらテニスに打ち込んでいる姿を見てもらいたいと語った。

「こんな爽やかな好青年に久しぶりに会った!」と思わず思うほど、笑顔も素敵な髙野選手。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月7日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。