不公平?フェデラーとジョコビッチを取り巻くランキング論争

不公平?フェデラーとジョコビッチを取り巻くランキング論争

新型コロナウイルスのパンデミックの渦中、ATP(男子プロテニス協会)は当面のランキング凍結を決定したが、そのことでノバク・ジョコビッチ(セルビア)とロジャー・フェデラー(スイス)の記録をめぐって論争の火花が散っている。豪Yahoo! Sportが報じた。

ジョコビッチの記録が、フェデラーの持つ史上最長のキャリア通算1位在位週記録(310週)に迫っているからだ。現在281週のジョコビッチは、フェデラーの記録を抜くことが2020年の目標の一つだと表明していた。


だがランキングが凍結され、当分大会がなくなった今、ジョコビッチの1位在位週数はそのまま加算されていくべきか。ATP もWTA(女子プロテニス協会)もツアー中止期間を6月7日までと発表している。シャットダウンのせいで誰もプレーできない時に、その間の12週が彼の記録に加算されるのか?


テニスコーチで、スポーツチャンネルESPNのアナリストでもあるブラッド・ギルバートは、加算されるべきだと言う。「彼は1位の座を勝ち取った。そしてもし普通にトーナメントが行われていたとしても、しばらく1位でいたはずだ」


「(開催中止になった)“ATP1000 インディアンウェルズ”の前に、ジョコビッチは1位だった。あの大会でラファエル・ナダル(スペイン)が優勝して、かつジョコビッチが準決勝より前で負けない限り、そのまま1位でいたはずだ」


シモナ・ハレプ(ルーマニア)のコーチであるダレン・ケーヒルも同意する。「次の大きな大会までは、ジョコビッチの1位在位週として数えていいと思う。でもそこから先は、どうするのが正しいのかわからない。同じことは女子のアシュリー・バーティ(オーストラリア)にも言える」


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ラファエル・ナダル」のニュース

次に読みたい関連記事「ラファエル・ナダル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュース

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スタン・バブリンカ」のニュース

次に読みたい関連記事「スタン・バブリンカ」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。