早熟ゆえに苦しんだココ・ガウフ「考えを変えるまではうつ状態だった」

早熟ゆえに苦しんだココ・ガウフ「考えを変えるまではうつ状態だった」

ココ・ガウフ(アメリカ)は、今ではすっかり有名な女子テニス選手だ。15歳という若さでグランドスラムの大舞台でビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)や大坂なおみ(日本/日清食品)を倒すという快挙を成し遂げ、一躍注目を集めた。2019年には「リンツ・オープン」で初優勝を飾っている。

ガウフの活躍は、特に彼女の年齢を考えると本当に目を見張らせるものだ。しかし、彼女のここまでの道のりは、決してスムーズなものではなかった。彼女がその苦しかった道のりを明かしたと、ウェブメディア Essentially Sportsが伝えている。


ガウフが語ったのは、とても大きなプレッシャーに苦しんだ時期のことだった。


「これまでの人生で私はいつも、いろんなことを人よりも早くできていたので、そのことも余計にプレッシャーを大きくしていたと思うわ。人より早く、上手くやらなきゃいけないっていうプレッシャーよ」


彼女は、その義務感を捨てた時から結果を出せるようになったとも話している。そして、自分がやりたいことは何なのかじっくり考えたそうだ。


「2017年から2018年頃、“ウィンブルドン”の直前まで、これは自分が本当にやりたいことなんだろうかとすごく悩んでいたの。自分が大好きだと思っていたことが、ちっとも楽しめなくなっていた。だから、他の誰かのためじゃなくて、自分のためにプレーする必要があると気付いたの。その間1年ぐらいは、まるでうつ状態だった」


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。