フェデラー、ディミトロフ、ハースの「バックハンドボーイズ」復活か

フェデラー、ディミトロフ、ハースの「バックハンドボーイズ」復活か

バックハンドボーイズの復活はありえるのか?少なくとも、Instagram上では実現したようだ。ロジャー・フェデラー(スイス)、トミー・ハース(ドイツ)、そしてグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)の3人は、2017年の「ATP1000 インディアンウェルズ」でアメリカのロックバンド、シカゴの「素直になれなくて(Hard To Say I’m Sorry)」をカバーした。

3人が得意とする美しい片手バックハンドストロークのスイングを振付けに取り入れていて話題となったパフォーマンスの動画は、フェデラーらのInstagramで100万回以上再生された。


先日ディミトロフは、新型コロナウイルス流行の影響で大会の中止や延期が続く中、試合の日々を恋しく思っていることをInstagramで明かした。するとフェデラーとハースがこれに素早く反応、以前カバーした名曲の歌詞を引用してコメントした。


「誰もがほんの少し離れる時間が必要だ」とハースは書いた。


「恋人たちだって休息が必要だ」とフェデラーが加えた。


「日が経つにつれ、いかに自分が試合を恋しく思っているか、つい考えてしまう。24年間で初めて、先が不確かであることの怖さを感じている」とディミトロフは投稿。


「準備期間が恋しい。スタジアムまで運転していく時間が恋しい。センターコートで自分の名前が呼ばれた時の心臓の鼓動、試合用の顔を作った瞬間、世界が止まったように感じ、チャンスを掴むことだけを考える、あの瞬間が恋しい」


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スタン・バブリンカ」のニュース

次に読みたい関連記事「スタン・バブリンカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スタン・ワウリンカ」のニュース

次に読みたい関連記事「スタン・ワウリンカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュース

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月9日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。