ジョコビッチの負ける一歩手前からの大逆転劇4選

ジョコビッチの負ける一歩手前からの大逆転劇4選

現在グランドスラムで17度の優勝を誇るノバク・ジョコビッチ(セルビア)。ツアーで圧倒的な強さを見せる彼だが、もちろんいつも快勝だったわけではない。Tennis TVがInstagramで、ジョコビッチがグランドスラムの舞台で負ける一歩手前から生還し、大逆転してきた試合を4つ紹介している。

■2011年「全米オープン」準決勝 ロジャー・フェデラー(スイス)戦
ジョコビッチはこの試合、先に2セットを先取され苦しい状況に。それでも第3・4セットを奪って盛り返し、第5セットへもち込む。しかし、今度はフェデラーに盛り返され、ゲームカウント3-5、40-15と、フェデラーのサーブでマッチポイントを握られた。それでも諦めずに戦い逆転。最終的に6(7)-7、4-6、6-3、6-2、7-5で破って決勝へ。決勝でもラファエル・ナダル(スペイン)を破り、当時初めての「全米オープン」優勝を飾った。


■2012年「全豪オープン」決勝 ナダル戦
セットカウント2-1で迎えた第4セットのタイブレークで、決め切ることができなかったジョコビッチ。第5セットではゲームカウント2-4、ナダルのサーブで30-15と追い込まれた。しかし最後は5-7、6-4、6-2、6(5)-7、7-5で破り、当時3度目の「全豪オープン」優勝を飾った。


試合時間は、グランドスラムの決勝では最長となる5時間53分を記録。試合が終わったのは深夜の1時37分だった。疲労で立っているのも辛い二人のために、セレモニーでは椅子が用意されるほどの伝説の試合となっている。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。