ナダルの「全仏オープン」名シーン5選

ナダルの「全仏オープン」名シーン5選

過去12回優勝トロフィーを掲げたラファエル・ナダル(スペイン)は、「全仏オープン」史上最も成功した選手だ。ナダルはその優勝回数だけでなく、数々の忘れられない思い出を残してくれた。その中から、ATP.comが厳選した5つのハイライトをご紹介しよう。

松葉杖でパリへ


ナダルの「全仏オープン」デビューは、2回の怪我が原因で予定より遅れることとなった。2003年には、ナダルの本拠地であるマヨルカ島東部のマナコルでのトレーニング中に右肘を痛めた。翌年には、リシャール・ガスケ(フランス)と対戦し勝利したエストリルでの試合で、左足を疲労骨折してしまった。


ナダルのエージェントであったカルロス・コスタ(スペイン)は、2004年の「全仏オープン」の会場にいたスポンサーに挨拶に行くようナダルを説得した。元世界ランキング10位のコスタは、たとえ数日の訪問であっても、ナダルが会場の雰囲気に親しみ、センターコートであるコート・フィリップ・シャトリエの魅力に気付くことが良い影響を与えるだろうと考えた。


当時まだティーンエイジャーだったナダルは、松葉杖をつきながら飛行機に乗り、会場へとたどり着いた。まず彼は、コート・フィリップ・シャトリエのスタンドの一番上へと登った。


コスタは、「トミー・ロブレド(スペイン)の試合を観に行ったが、(ナダルは)10分しかそこにいられなかった。コートではなく、スタンドにいることが耐えられなかったのさ。その時、彼はチャンピオンだと確信したね」と当時を振り返る。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月6日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 全仏オープン 錦織圭

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。