ナダル 全米を欠場し、全仏V13へ集中か。マドリード大会出場へ

       

ナダル 全米を欠場し、全仏V13へ集中か。マドリード大会出場へ

7日、世界2位のラファエル・ナダル(スペイン)が、9月13日開幕の「ATP1000 マドリード」へ出場予定であることを自身のTwitterで明かした。これによりナダルは「全米オープン」を欠場し、「全仏オープン」での13度目の優勝へ焦点を合わせることが予想される。

ATPツアーは8月14日に再開する予定だが、再開後は超過密スケジュールに。マスターズ1000とグランドスラムのビッグタイトルを争う戦いが7週間連続で組まれている上、北米のハードコートシーズンの後、休みなくヨーロッパのクレーコートシーズンを戦うという異例の内容となっている。


特にナダルは同期間に行われる大会のうち、昨年は「全米オープン」、「ATP1000 ローマ」、「全仏オープン」で優勝。出場4大会合計で、5,360ポイントを稼いでいた。これはナダルが現在保有するポイントの約54%にあたる。


通常であれば失効ポイントが大きく、また物理的に昨年と同じ大会に出場して同等の結果を残すのは難しいため、ナダルがどんな出場スケジュールを組むのか注目されていた。


ただ6日にATP(男子プロテニス協会)は、ツアー再開後の世界ランキングを決めるポイントの扱い方を発表。昨年「全米オープン」や「全仏オープン」などで得たポイントを、今年中はそのまま保持できることになった。つまり今年は欠場してもポイントに影響はないということだ。


そんな中で発表された「ATP1000 マドリード」への出場は、ナダルがクレーコートシーズンに専念する可能性が高いことを意味する。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 全仏オープン 錦織圭

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。