三浦春馬、“絶対に書けない話”の出現で記事差し替えか? 死の動機が「あまりにデリケートすぎるテーマ」…

「ただ、母親と折り合いを悪くした原因にヒントがあるようで、それは金銭問題ではなかったという話です。三浦さんの生き方に対して否定的な見方があったらしいです」

この話で浮かぶのは、三浦さんと所属事務所の関係だ。実は彼が定期的に通っていた都内のバーでは、「事務所の信頼している人が僕自身を理解していない」との愚痴を言っていたという話があった。


また、「女性関係の謎」もこれとリンクする。過去、驚くほどに恋愛のウワサが報じられてきた三浦さんだが、ハッキリ証拠があるものは極端に少なく、昨年、唐突に出てきたモデルの三吉彩花

とのデートスクープは、同じ事務所の後輩とあまりに出来すぎた写真からヤラセ疑惑が浮上していた。交際が疑われた女性が多いのは、交友が広かった三浦さんの人望を表すことでもあるのだが、事務所が彼の「本命」を隠すためにカムフラージュのゴシップを流させていた疑いがあり、そのこともまた「生き方の否定」に繋がっているとの見方があるのだ。

仕事や人間関係も順調だったように見える三浦さんだが、何か自分を貫きたい「生き方」を持っていた中で、母親や事務所に理解されなかったかもしれないことを示す断片のようなものが気になる。事情をつかんだメディアが本当に「あまりにテーマが大きすぎる」と記事化を断念したのが事実で、その理由とそれが一致するのであれば、社会的にも議論されるデリケートなものが隠されているとしか思えない。

今ファンたちのSNSを見えると、その謎を探りたいという気持ちを持ちながら、どこかでブレーキをかけている複雑な心境を見せている。下世話な芸能マスコミも今回はそれに近い心境を持っているようだ。

この記事の画像

「三浦春馬、“絶対に書けない話”の出現で記事差し替えか? 死の動機が「あまりにデリケートすぎるテーマ」…」の画像1 「三浦春馬、“絶対に書けない話”の出現で記事差し替えか? 死の動機が「あまりにデリケートすぎるテーマ」…」の画像2

当時の記事を読む

三浦春馬のプロフィールを見る
TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「三浦春馬、“絶対に書けない話”の出現で記事差し替えか? 死の動機が「あまりにデリケートすぎるテーマ」…」の みんなの反応 260
  • 匿名さん 通報

    アミューズは真実を捏造して自死理由を春馬さん自身の問題にすり替え‥文春はグルになり出版して拡散。 もはや人のする事では無いと思います。

    441
  • 匿名さん 通報

    優しい人程、悪い人にいいように使われて捨てられる。 新しいオモチャを手に入れると古いオモチャは残存に扱われながら金づるで縛りつける‥それがアミューズ、副社長

    320
  • 匿名さん 通報

    あんなに結婚願望あって、肉食と言って、実際、自分から好きな女性には声かけする方なのに、LGBTなわけないですよ。30歳までに結婚したがってました。

    318
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月7日のびっくり記事

キーワード一覧

  1. 三浦春馬 Instagram
  2. 三浦春馬 ドラマ
  3. 三浦春馬 映画

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。