脳みそを狙って食べる5種の動物 残酷で歪んだ本能とは?

脳みそを狙って食べる5種の動物 残酷で歪んだ本能とは?
       

 脳みそを食べるというとどのようなイメージが浮かぶでしょうか? ホラー映画に登場するゾンビのように、本能のままに血肉をかじり脳みそをすする姿、生きた猿の脳みそを使う中国の珍味、「猿脳」など......。いずれも脳みそを食べるという習慣のない日本では、残酷でゲテモノ食というイメージが強いのではと思います。

 そんな脳みそ食いを好んで行う5種の動物がいると11月18日、ロシアのニュースサイト「Фактрум」で紹介され、「グロテスクな脳みそ食いをまさかこんな動物が行っているなんて」......と海外で驚きを呼んでいます。

■人間の脳を食べる・有鉤条虫(ゆうこうのうちゅう)

 まず最初は、有鉤条虫と呼ばれる寄生虫。脳みそを食べるというイメージにぴったりのビジュアルです。この寄生虫は生の豚肉などにまず寄生し、次に人間に感染。血液の流れに乗って人の脳に辿り着き、脳を貪り食うのです。豚肉を食べる際は焼き加減にどうかご用心を。


■究極のアブノーマル 自分の脳を食べる・ホヤ

 東北地方などでは食材として扱われるホヤ。このホヤも脳みそを食べるのですが、その食べる脳みそというのが何と自分のもの。ホヤは幼生の頃はオタマジャクシのような姿で海を泳ぐため脳を形成します。しかし岩場などに定着し、泳ぐ必要がなくなると自分の脳みそを消化してしまうのです。自分で自分の脳みそを消化するとは随分とアブノーマルな性質です。
 寄生虫や海の軟体生物など、ここまでは脳みそを食べると言われても何となく納得できるのではないでしょうか。それでは次の動物です。


あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月13日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。