『AKIRA』の予言は「2020年東京オリンピック」だけではなかった!

『AKIRA』の予言は「2020年東京オリンピック」だけではなかった!
拡大する(全1枚)

 30年前に大友克洋が近未来の混沌とした世界を描いたSFアクション漫画『AKIRA』(講談社)。その漫画の舞台が2020年に開催される東京オリンピックを控えたものだとして「作者の大友克洋は、予言者だったのだろうか?」と話題になっている。しかも、大友克洋は過去のインタビューの中で、1本1本の線に「雲になれ」「建物になれ」と、呪いを込めて描いたと語っている。そう、「AKIRA」は、大友克洋の念がこもった予言書だったのだ―。

【『AKIRA』のあらすじ】

 1982年7月、新型爆弾により「東京」は崩壊。これがきっかけとなり、第三次世界大戦が勃発。世界は荒れ果てた。それから38年がたち、東京は復興のまっただ中、新たな発展を迎えつつあった。東京湾上には高層ビルが立ち並ぶ「ネオ東京」が建設。2019年、オリンピックを翌年に控えた「ネオ東京」が舞台となり、物語が展開していく...。


■「AKIRA」の予言

・原子力

【漫画では...】

『AKIRA』の物語では、軍が秘密裏に超能力開発を進めていた。超能力に覚醒した少年少女は実験体としてナンバリングされ、世間から隔絶された研究施設で様々な実験を繰り返されていた。その実験体28号「AKIRA」は、能力があまりにも超大なため、危険を感じた政府によって長年厳重に封印されていたのだった。だが、「AKIRA」が覚醒した時、東京に再び大カタストロフィが起こるのであった...。


TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『AKIRA』の予言は「2020年東京オリンピック」だけではなかった!」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    人がいっぱい死んで、街が壊れて は、もう経験していると思う。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク