"絶倫屍体"を恐れる警官、謎の媚薬【エクアドル美女誘拐事件】でわかった「サバ・インカ」の恐怖とは?

       

 私は日本と世界の違いを研究するドイツ人、ルドルフ・グライナーです。

 2013年12月、新婚旅行でエクアドルを訪れた日本人の若い夫婦が何者かに襲われました。日本では、あまり知られていないようですが、エクアドルは非常に怖い国です。私も仕事で何度か行ったことがありますが、インカの時代からの伝説や風習が息づくエクアドルは、摩訶不思議な体験ができる「呪術国家」でした。


■誘拐事件の捜査を打ち切った警察官たち

 以前に私が宿泊したエクアドルのホテルで、若い女性が誘拐されました。彼女は、インカ帝国を滅ぼしたスペイン人ではなかったのですが、似た感じの美しい女性。その女性がある夜、客室からこつ然と姿を消してしまったのです。すぐに警察の捜査が開始され、部屋の中を捜索しました。すると、部屋の中から、お茶とお香が出てきたのです。警察官は、そのお香の灰を見て、匂いをかぐと、すぐにその部屋の捜査をやめてしまいました。

「もう、捜査は終わりましたか?」

  私が聞くと、少し年配の警察官は

「この部屋の女性が、今どこにいるかわかりました」

 というのです。

 そして、翌日の夜、女性はアマゾンの神殿に隠されたミイラとセックスしているところを発見され、無事保護されました。しかし警察官は犯人を逮捕しないまま、捜査を打ち切ってしまったのです。

■「サバ・インカ」とのセックスを目的とした誘拐は合法か?

 私は、この事件に非常に興味がわき、さまざまな人たちに聞いて回りました。すると、この事件は、インカ帝国の歴史と深く関係していることがわかりました。初めからこの女性は、ある集団に狙われていました。それはインカ帝国の「サバ・インカ」の末裔のミイラを信仰している人々です。


あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月17日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。