南海トラフ地震の前兆か? 沖縄と伊予灘の地震 ~学者と予言者、そして神のお告げ~

南海トラフ地震の前兆か? 沖縄と伊予灘の地震 ~学者と予言者、そして神のお告げ~
拡大する(全1枚)

 3月になってから「沖縄」と「伊予灘」でM6クラスの地震があった。特に、3月3日に起きた沖縄本島北西沖M6.6の地震は昨年10月以来の日本でM6超の地震だった。その後、同日に沖縄本島近海でM5.0の地震があったほか、10日に奄美大島北東沖M4.5、17日に与那国島近海M5.4と、南西諸島周辺で地震が相次いでいる。19日には台湾でM6.0の地震もあった。また南西諸島以外でも、14日に伊予灘でM6.2の地震があり、広島県などで最大震度5弱という大きな地震となった。

 これは南海トラフ地震と関係はないのだろうか? 

■木村政昭氏が沖縄北西沖地震を予測していた

 東日本大震災など数々の大地震を予測していた木村政昭・琉球大学名誉教授は、沖縄は地震が少ないと言われるが、そんなことはないという。1911年に奄美大島沖で起きたM8.0の喜界島地震の2年前には、沖縄本島近海でM6.2の地震があった。この時は震源が北へずれたことから、今回も奄美沖を警戒エリアとしてマークしているという。

 実は、3日のM6.6の地震は、木村氏が「2011±2年(M7.0)」と予測していた沖縄本島近海の地震に対応するものだったと、自身のHPで書いている。だが、「一回だけとは限らないので今後もこの付近はしばらく注意すべきだと思われます」(「木村政昭ホームページ」)と警戒を促している。


■大地震の前触れだった!?

 1771年の八重山地震(M7.4)は、波の高さ85mとギネス記録になった津波を伴うものだったが、「今回も巨大地震の前触れと考えた方がいい」(日刊ゲンダイ、2014/03/05)と木村氏は語る。更に、「このエリアで"ギネス級の地震"が発生したら、地震の規模は3.11並みのM8.5は覚悟すべき。向こう3年は注意した方がいい」(日刊ゲンダイ、同上)とまで言っている。これが現実のものとなれば、九州から関東にかけても大津波に襲われるだろうという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク