伝説の死海文書の秘密...2018年に地球滅亡!? 救世主は羽生結弦という仮説も?

伝説の死海文書の秘密...2018年に地球滅亡!? 救世主は羽生結弦という仮説も?

 1947年以降、イスラエルとヨルダン国境にある「死海」付近の11箇所の洞窟で次々と文書が発見された。『旧約聖書』の写本や、謎の文献も多数発見。羊紙やパピルス紙、銅板に、ヘブライ語・アラム語・ギリシャ語で記されていた。


■死海文書とは?

『死海文書』は今から2,000年以上前のもの。その作成者はクムラン宗団によるものだと考えられている。

 クムラン宗団とは、禁欲的な厳しい修行をし、超人的パワーや、預言能力を持っていたと伝えられる古代ユダヤ王国のユダヤ教の一派。キリスト教の先駆的な宗団だったと伝えられている。一説によると、イエス・キリストもこの一派の出身だったとか。彼らは異様なまでに終末への関心を持ち、メシア(救世主)を待ち望んでいた。

 そして紀元70年頃、ローマ帝国がユダヤの地に侵略することで、ユダヤ人が世界中に散らばる運命になると悟ったクムラン宗団は、死海文書を洞窟にこっそりと隠したのだった。それほど、『死海文書』は彼らにとって重要なものであった。なぜなら、そこには神から啓示された未来の預言が記されていたからである。

 それゆえ、キリスト教の謎を解く手がかりとなる世紀の大発見と騒がれたのだ。だが、発見されてからすでに半世紀以上の時が経つが、全容はまだ解明されていない。現在、『死海文書』は、ネット公開されている。


■『死海文書』に描かれた人類の終末

 この『死海文書』の一部である「感謝の詩篇」と呼ばれる一篇には、「滅びの矢が放たれて命中し、炎に襲われ地上は焼けつくされ、水を飲むものは消え失せ、地上の者は気が狂う」といった、終末地獄の様相が記されている。


あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2014年5月29日のびっくり記事
「伝説の死海文書の秘密...2018年に地球滅亡!? 救世主は羽生結弦という仮説も?」の みんなの反応 3
  • あきちゃん 通報

    レビ族の末裔となれば天皇家じゃないの…? まぁ、まとめるとかの役割かもね。 羽生結弦とは思いません。(笑

    0
  • KojiSeko 通報

    私がその救世主かも?私は悟りを開いて!愛、正義、平和!守る心の神様!になっています!聞いて下さい!今のままだと、いづれ!神様に!小惑星落とされて地球滅亡します!

    0
  • KojiSeko 通報

    もしiよろしければ!FブックKojiSeko検索下さい!色々!誰でも見れるように!掲示しています!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。