第一次世界大戦中に出された恋文が発見! 同封されたポピーに愛と平和を込めて

第一次世界大戦中に出された恋文が発見! 同封されたポピーに愛と平和を込めて

 第一次世界大戦中に、フランスで従軍中のアメリカ兵より母国の恋人へ宛てた手紙がイギリスのダービーシャー州で見つかったことを、英紙「Daily Mail」が伝えています。

 100年の時を経て発見された手紙に書かれていた内容とは...? そしてこの手紙に同封されていたのがポピー=ひなげしの花。実はこの花、イギリスで大変意味を持つ花なのです。

【画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/05/post_4177.html】


■戦線の塹壕の中で書かれたラブレター

 手紙は当時アメリカの従軍時に使われていたYMCAの紙に、米兵士「チャス」(Chas、チャールズの愛称)が母国の恋人に向けて綴った、愛と祈りを捧げる内容となっています。

「大好きな君へ。戦争はとても辛いが、信じるものは救われ神のご加護があるだろう。君の無事を知らせてほしい...中略...同封したひなげしの花を君への愛の証として送る。どうか母にも宜しく伝えてくれ...」

 アメリカが第一次世界大戦に参戦したのは大戦の後半からであったため、手紙が書かれたのもおそらくその頃(1918年頃)ではないかと推測されています。そして残念なことに、差出人であるチャスのその後の行方はわかっていません。


■イギリスにおけるポピーの意味とは

 実はひなげしの花は、過去の欧州各国の戦場跡でかつての悲惨な出来事を覆い尽くすかのように一面に育ち、荒廃した土地を美しく変貌させました。第一次世界大戦後、欧州では戦争とひなげしの花との関連が意識されるようになり、特に戦死者への追悼の意を込める重要なメッセージになっています。


TOCANAの記事をもっと見る 2014年5月27日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。