「グルは死んでいない、冷凍庫で瞑想中だ!」 カリスマ導師の火葬を拒否する信者たち、遺族と"争奪戦"を繰り広げる!!=印

「グルは死んでいない、冷凍庫で瞑想中だ!」 カリスマ導師の火葬を拒否する信者たち、遺族と"争奪戦"を繰り広げる!!=印

「グルは死んでいない、ただ冷凍庫の中で休んでいるだけだ!」

 信者によれば、宗教グループの導師、シュリ・アシュタシュ・マハラージ氏は今年1月29日に瞑想状態に入り、冷凍庫の中で目覚めを待っているのだという。一方の家族は、彼の"遺体"の返還を教団に要求し、現在、信者と遺族との間で熱いバトルが繰り広げられていることを「Daily Mail」が伝えている。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/06/post_4236.html】


■遺族と信者との"遺体"争奪戦

「神の灯を蘇らせる任務教団(Divine Light Awakening Mission、DLAMと略される)」のリーダー、シュリ・アシュタシュ・マハラージ氏は数千人の信者、そして多くの不動産をインド、米国、南アメリカ、オーストラリア、中東、ヨーロッパ、そして英国に所有している。その不動産価格は約172億円と見積もられている。

 彼の家族はマハラージ氏が1月に死亡したと言い、信者から遺体を取り戻そうと裁判所に訴えた。信者たちはグルはただ深い瞑想状態にあると言い、有事に備えて用意するよう全信者にメッセージを伝え、徹底抗戦の構えを見せている。

 マハラージ氏は『神性と共に呼びさまされた特別な存在』であり、また『常に熱気に溢れ、ポジティブなオーラの精神を再燃、世界中で多くの建設的な道筋をつけた』といわれ、1983年にインドで教団を創立。


あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月9日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。