中国で最も過激なアーティスト、ユンチャンの社会派過激アートに賛否両論!!

中国で最も過激なアーティスト、ユンチャンの社会派過激アートに賛否両論!!

 中国のアーティスト、ヘ・ユンチャンが群衆の前で自らの身体を麻酔なしで手術し、肋骨を摘出するという過激なパフォーマンスを行い、賛否を呼んでいる。

【閲覧注意の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/06/post_4242.html】

 パフォーマンスの様子を伝える中国のギャラリー経営者、メラニエ・ワン氏はブログにそのときの様子をこう綴っている。

「手術が行われる前、まずユンチャンにより、手術を行うべきか否かを決めるために、観客の間で擬似民主主義的な多数決が実行された。その結果、12人が賛成、10人が反対、3人は棄権した。そして手術は決行された。ユンチャンは『手術前に行った投票は見せかけの民主主義だった』と話していた」

 ユンチャンはこれまでも、中国で最も過激なパフォーマンスアーティストとして知られ、自らの肉体の強度と精神力を試すように度々苛酷なパフォーマンスを行ってきた。

 例えば、自らをコンクリートで固めて封じ込め24時間我慢したり、"川を半分に分ける"といったコンセプトのもと、クレーンで身体をつり上げ、川に血を垂らし続けるパフォーマンスに挑戦し、物議をかもしている。

 今回の作品となる手術の後、ユンチャンはこう語っている。

「芸術としてのパフォーマンスと日常生活が切り離されるのは、それが一定の強度をもった場合に限ります。私は人々に行動してもらいたいんです」

 ユンチャンはこの作品を「1メーター民主主義」と名付け、"個人と国家の間にある緊張"を表現していると話す。(1メーターとは身体を切り裂いた長さ)


あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月9日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。