不老不死の秘薬 ― 19世紀の「エリクサー」 がレシピと共に蘇る

不老不死の秘薬 ― 19世紀の「エリクサー」 がレシピと共に蘇る
       

「エリクサー」...それは、錬金術における「長寿の霊薬」「不老不死の秘薬」などと呼ばれる万能薬として知られている。

 今年5月、ニューヨーク市のホテル建設現場で、なんとその19世紀のエリクサーのボトルが発見されたと米「DNAinfo New York」が伝えている。


■「不老不死の秘薬」のボトルとレシピを発見!

 発掘調査に関わったのは、世界を股にかけて発掘プロジェクトを展開する、同国のクリサリス考古学コンサルタンツ。

 発見現場はドイツ式ビアガーデンの跡地で、150年前に貯蔵されていた古い酒瓶の山の中から、「長寿の秘薬(Elixir of Long Life)」と書かれた小さな緑がかった色をしたガラス瓶を見つけたという。

 中身は空っぽだったが、考古学者である同社代表のアリッサ・ルーリャ氏は「実際にどんな味がするのかを確かめたい」と興味を惹かれ、エリクサーを再現することにしたのだという。

 彼女はドイツにいる同業者たちに声をかけ、19世紀の医薬書などの資料を調査するよう協力を要請。ついに、当時のエリクサーのレシピを探し当て翻訳することに成功した。

 その結果、成分として含まれていたのはアロエを含む数種のハーブと、高濃度のアルコールということが判明したのだった。

 また、エリクサーと共に発掘された「ホッターズ医師の苦い胃薬」という医薬品も同時に再現を試みた。このレシピはやや複雑で、ペルーのキナ皮(マラリアの特効薬キニーネの原料)、リンドウの根、オレンジの皮、シナモンやカルダモンの種、樹脂、そして多量のアルコールで作られていたことがわかった。ちなみに、これらには抗炎症作用や消化促進作用があるそうだ。


TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月27日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。