レイプ、死体性愛も? 46年間もみ消され続けた、英・人気タレントの性犯罪が明らかに

レイプ、死体性愛も? 46年間もみ消され続けた、英・人気タレントの性犯罪が明らかに

 2011年に84歳で死去したイギリスの国民的人気タレント、ジミー・サヴィルが生前、常習的に周囲の未成年を含む人々に性的虐待を加えていたことが暴露され大きな話題を呼んだことは記憶に新しい。今回、捜査当局によるこれまでの捜査の発表が行われ、公にされた数々の犯行の詳細がさらに大きな衝撃をもたらしている。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/07/post_4389.html】


■犠牲者の多くは入院患者

 この衝撃的なニュースが出始めた当初は、テレビ局のスタジオなどで出演する一部の少年少女を性的に弄んでいたことが報じられていたが、彼の"裏舞台"は主にボランティアスタッフとして勤務していた国営病院施設で、被害者の大半は入院患者たちであったことが明らかとなった。

 6月25日、捜査当局の報告によるとジミー・サヴィルの犯行場所となった国営病院は28カ所にものぼっており、5歳~75歳までの少なくとも103人の犠牲者がいることがわかった。最初の犯行は1962年、36歳の時にはじまり最後の犯行は2009年、彼が82歳の時まで実に46年間もの間、病院を舞台にして性的な虐待が常習的に繰り返し行われていたのだ。

 最も犠牲者の多かったイギリスのリーズ総合病院では、性的虐待を受けていた者は60人にのぼり、そのうち3人はレイプに遭ったことが判明している。


■常習化していた性的虐待の数々

...続きを読む

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2014年7月2日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。