【日本怪事件】帰宅した夫の眼前に広がる戦慄の光景... 謎に包まれた「名古屋妊婦切り裂き殺人事件」

 救急車を呼ぼうとしたが、ダイニングキッチンにあるはずの電話がない。外に飛び出て、階下の住人に事情を話して電話を借りた。

 昌孝は部屋に戻り、改めて妻を見た。みぞおちから下腹部にかけて、切り裂かれている。そこから、赤ん坊は取り出されたのだ。そして、空になった腹の中に、受話器とミッキーマウスのキーホルダーが入れられていた。


■難航する捜査、そして......

 赤ん坊はひざの裏・大腿の裏・股間に傷を負っていたが、その後、手術を受けて命を取り止めた。

 警察が最初に疑いの目を向けたのは、昌孝だった。ドアの鍵が掛かっておらず、明かりも消えていて、出迎えるはずの妻が見当たらないのに、ごく普通に寝室で着替えていたからだ。記者会見の時に『妻が好きだったから』と、グラスに赤ワインを注いで霊前に供えたのも、芝居がかっていると思われた。

 だが、疑いはすぐに晴れた。事件当日の3時頃まで、美律子は訪ねてきた友人と一緒におり、犯行はその後。昌孝が会社で仕事に勤しんでいる時間帯のことだった。

 捜査は難航を極めた。カッターのような薄い刃物で切られたことは分かったが、凶器も指紋も残されていない。"ためらい傷"をつけず、絞殺してから10数分で胎児を取り出すのは、きわめて難しい。そのため当初は、医師か医学生の犯行かとも思われたが、帝王切開の方法とは切り方が逆で、すぐさま否定された。

 動機も不明だ。専門家も、「妊婦の腹を割いて胎児を取り出してみたいという、異常な願望の持ち主」といった程度の推測しかできなかった。受話器やミッキーマウスのキーホルダーの意味も、分からなかった。

 不審者の目撃情報もあったが、捜査はそれ以上の展開を見せず、2003年3月18日に公訴時効が成立。事件は迷宮入りした。
(文=深笛義也)

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2014年7月29日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。