W杯でナチスの残党が見つかる!? ツイッターで話題の「モサドが、ドイツ優勝ではしゃいだアルゼンチンの老人をマーク」の信ぴょう性

W杯でナチスの残党が見つかる!?  ツイッターで話題の「モサドが、ドイツ優勝ではしゃいだアルゼンチンの老人をマーク」の信ぴょう性

 2014FIFAワールドカップブラジル大会が熱狂のうちに閉幕した。決勝カードはアルゼンチン対ドイツ。90分では決着がつかず延長まで突入した激闘ををドイツが制し、優勝を果たした。この結果を受け、ツイッター上のある書き込みが話題となった。

「今、モサドが『アルゼンチン人のはずなのにドイツが優勝して妙にうれしそうな90歳以上の老人』をピックアップしているらしい」

 モサドはイスラエルの情報機関である。戦後、世界中に逃亡したナチスの戦犯を追いかけ、1960年にはユダヤ人大量虐殺に加担したアドルフ・アイヒマンをアルゼンチンで捕らえたことでも知られている。

 南米は、ナチスの残党が多く逃げ込んだ場所と言われている。陰謀論では、たびたび言及されるヒトラー生存説の舞台となる場所も、ブラジルや南極など南米周辺だ。

 戦後70年が経とうとしているが、モサドは未だにナチス戦犯を追い続けているのだろうか?

「近年でも、2012年にアメリカの反ユダヤ活動監視団体である"サイモン・ウィーゼンタール・センター"の通報によって、97歳のハンガリーの元警察幹部が同国の検察に拘束されています。

 2013年にはイタリアで、戦時中のイタリア兵の虐殺に関与したとして90歳の元ナチス兵に終身刑判決が言い渡されています。モサドが現在もナチスの戦犯を追い続けていてもおかしくはありません」(国際問題に詳しいジャーナリスト)

 だが、南米にはドイツ系の移民も多い。自国よりもルーツがある国を応援するという行為があっても、不思議ではないようにも思われるが...。


あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月29日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。