「江戸は何うしても火の海ぞ」当たりすぎる予言書『日月神示』が示す、2018年日本崩壊説!!
拡大する(全1枚)

 日本の未来を予言する書として、『日月神示』への注目度が高まっている。

『日月神示』とは、神道研究家・画家である岡本天明(1897~1963年)が、1944年6月~1961年まで約17年間に渡り、記した書物だ。

 これまで、『日月神示』は、日本で起きるさまざまな出来事を的中させてきたが、さらに日本の恐るべき終末にまで言及することもある。

 では、『日月神示』はどのようにして生まれたのであろうか? そこからみていこう。

■『日月神示』の書かれ方 大本教の流れを汲んでいる

『日月神示』は、天明の自動書記(お筆先)により書かれている。自動書記(オートマティズム)とは、自分の意思とは関係なく、"何か別の存在に憑依され"、文字を書き記してしまうという心霊現象の一種だ。

 天命が自動書記を始めたのは、1944年6月10日。千葉県成田市の麻賀多(まかた)神社を参拝していた天命は、突然、右腕に激痛が走り、自身の意に反して"何か"を書き始めたという。

 だが、書かれた文章は、天明本人にもほとんど意味が分からなかった。なぜなら、文章には、漢数字やかな文字、記号などが多く、非常に抽象的だったためだ。だが、あきらめることなく、仲間の霊能者などの助けを得て、この文章を読み進めた。すると、この文章は、国常立尊(くにとこたちのみこと)を筆頭とする高級神霊団からの啓示だと判明したのだった。

 国常立尊とは、日本神話の冒頭部、『日本書紀』における天地創世時に筆頭として現れる神である。天明は、もともと出口王仁三郎が率いていた大本教の信者だった。そのため、この『日月神示』も国常立尊の神示を原点とする大本の流れを汲んでいるのだ。
 
 天命が自動書記により記した啓示は、本巻38巻、補巻1巻としてまとめられている。では、『日月神示』には、どのような記述があるのだろうか?

■『日月神示』の知られざる内容

「富士は晴れたり、日本晴れ」

 『日月神示』は、日本の象徴である富士山のことから始まる。しかし、ここから日本の行く末を指し示す暗い文言が続く。

「神の国のまことの神の力をあらわす代となれる、仏もキリストも何もかもハッキリ助けてしち難しい御苦労の無い世がくるから ミタマを不断に磨いて一筋の誠を通してくれよ」

 意訳すれば、まことの神が降臨して理想郷を作るが、それまでに人類は未曾有の大厄災に襲われ、想像を絶する苦労を味わわなければならない。救われるためには、心身共に磨き上げることである、となる。

■第二次世界大戦敗戦予告で世に広まった?

『日月神示』は、第二次世界大戦における日本の敗戦を的中させたと言われている。この時から、広くこの預言書が世に知られることになった。綴られていた文面は、

「日本が一度つぶれたようになり、神も仏もない世界が来る。東京も一時、土に帰るからそのつもりでおれ」

 と、いうものだ。つまり、東京大空襲で東京は焦土と化し、原爆投下で未曾有の悲劇を迎えて敗戦すると、記されていたのだ。

 その後も、終戦から立ち直った日本が高度経済成長期を迎え、やがてバブル崩壊することや、「悪の計画」により、日本人が骨抜きにされるという未来も指摘されている。

■「悪の計画」の立案者はフリーメーソン?

 戦後、日本は高度経済成長を通じて所得水準が向上し、物質的な豊かさは増した。だが、映画やテレビなどから流れ出る情報は、バラエティー番組など低俗なものが目立つ。難しいことは考えず、レジャー、グルメ、ギャンブル、スポーツなどといった娯楽にうつつを抜かし、物質的な充実と快楽を求めて、本来の日本人が持つ精神的な崇高さは失われていった。そう、日本人の退廃こそが「闇の権力者」の「悪の計画」通りだったのだ。

 現在、秘密結社「フリーメーソン」が、闇の権力者として世界を牛耳っているといわれることが多い。『日月神示』では、「悪の計画」を企てた張本人を、「イシヤ」と表現している。つまり、「イシヤ=石屋」となり、石工職人を起源に持つ秘密結社「フリーメーソン」だと暗示しているのだ。また、

「イシヤの仕組みにかかりてまだまだ目覚めん臣民ばかり......今度は神があるかないかをハッキリと神力見せて、イシヤを改心さすのぞ」

 との記述があり、彼らが、霊性高き日本人をわざと下劣な方向に導いていると、我々に告げている。さらには、現在の日本人たちが「フニャフニャ腰のコンニャク頭」になっていると警告もしている。我々は、今こそ『日月神示』に触れて心棒を入れ、来るべき未曾有の大厄災「大峠」に立ち向かわねばならないのだ。

■『日月神示』が語る「大峠」とは

『日月神示』では、これから起こる大災厄や戦乱を「大峠」と呼んでいる。だが、「大峠」の内容に関して、具体的な日時は書かれていない。ただ、恐ろしい厄災の様相をほのめかすにとどめている。例えば、

「海の津波気を付けてくれ、前に知らしてやるぞ」

 と、まるで、近年では東日本大震災を暗示するような記述もある。さらに、

「日は赤くなるぞ、日は黒くなるぞ、空は血の色となるぞ、流れも血ぢゃ、人民四つん這いやら、逆立ちやら、ノタウチに、一時はなるのであるぞ、大地震、火の雨降らしての大洗濯であるから、一人逃れようとして、神でも逃れることは出来んぞ、天地まぜまぜとなるのぞ、ひっくり返るのぞ」

 ともある。この文章を意訳すると、のたうち回り、天地がひっくり返るような大災害。火の雨、大地震が発生するとも読める。これは火山噴火による大災害のことであろうか。

■富士山が噴火する?

 さまざまな未来の事象が書かれている『日月神示』だが、中でも富士山に関する記述が多い。

「富士は晴れたり日本晴れ、てんし様が富士から世界中に稜威される時近づいたぞ。

 富士は火の山、火の本の山で、汚してならん御山ざから、臣民登れんやうになるぞ」

 これらの文は、富士山が世界遺産に登録されたこと、また登山客が殺到し、ゴミ問題や登山者のマナー低下などで、自然環境破壊を心配していること、などと読み解ける。さらに、富士山の神聖さを保つために、"てんし様稜威(噴火)"によって、清められる日は近づいていることを匂わせている。
 
『日月神示』で示されている通り、富士は神の山だ。この噴火が「大峠」クライマックスなのである。だが、

「富士の山動くまではどんなことにも耐えねばならんぞ。上辛いぞ。どんなことあっても死に急ぐでないぞ」

とも記されており、富士山噴火に至るまでに、我々はまだまだ耐えなければならない苦難があるという。

■北から日本が攻められる?

 我々が耐えなければならない困難。それは、戦争に関することだという。

「オロシア(ロシア)にあがりておりた極悪の悪神、いよいよ神の国に攻め寄せて来るぞ」

「北から攻めてくるときが、この世の終り初めなり」

など、ロシアから「神の国=日本」に攻めてくるとされている。

 この7月にウクライナで、マレーシア航空機が親ロシア派によって撃墜されたという事件が発生した。世界の怒りがロシアに向けられ、欧米との関係は悪化している。これを皮切りに、第三次世界大戦へと発展していく可能性もある。

 そうなれば、日本が集団的自衛権を行使する未来も考えられるだろう。

■終末の鐘を鳴らすのは?

 東日本大震災や富士山噴火、また第三次世界大戦の勃発をほのめかすかのような記述がある『日月神示』。その中で、

「子(ね)の年、真中にして前後十年が正念場」

とも書かれている。これは研究者の間では、現代社会終焉の年月を示すとされている。
 
 子の年(ネズミ年)といえば、直近では2008年。その前後10年1998年~2018年が立て替えの正念場ということになる。すでに正念場の期間に入っており、「大峠」の時期に突入しているのだ。

 また『日月神示』では、

「江戸と申すのは東京ばかりではないぞ、今の様な都会みなエドであるぞ、江戸は何うしても火の海ぞ」

「八と十八と五月と九月と十月に気つけて呉れよ」

とある。大都会が火の海に包まれるような出来事が早ければ、この9月か10月に起こる恐れもあり、注意が必要である。

■『日月神示』が示す世界の行方

 ここまで『日月神示』を解説してきた。この預言書通りの流れで世界が進むことになれば、いずれ第三次世界大戦が開始され、その後、日本は戦乱に巻き込まれ苦しい時代に突入する可能性もあるだろう。
 
 そして、2018年には神の山、富士山が大爆発し、未曾有の大災害に見舞われることも考えられる。だが、暗い未来ばかりではなく、『日月神示』には救いも記されている。

 それによれば、人々は一度全滅するが、その中から神につまみ出された者だけが、息を吹き返し、「ミロクの世」の住人として生まれ変わるのだという。

■理想郷「ミロクの世」の生活

 神によって選出され、生まれ変わった人間だけが住むことのできる理想郷とされる「ミロクの世」。この世界で、人間は物質世界の次元を超越し、精神と肉体を共存させる半霊半物質の次元へ突入するという。
 
『日月神示』では、○の中にゝという記号がよく用いられている。

 ◯は「闇の組織」の物質(体)を表し、ゝは、日本の霊(精神)を表すと言われている。
 
 これはつまり、生き残るためには、「闇の組織」を改心させ合体し、半霊半物質の肉体になれということなのだ。

 我々は来るべき「大峠」にそなえ、日々魂を磨き、見えざる世界に精神を向け、超常現象なるものを否定せず受け入れていく。つまり自己の意識を大いに変えていかねばならないのであろう。
(文=白神じゅり子)