「背の低い男性との結婚は長続きする」ニューヨーク大学発表

「背の低い男性との結婚は長続きする」ニューヨーク大学発表

 高身長・高学歴・高収入。バブル期は「三高男子」がもてはやされた時代だった――。時は流れて、今では何事にも平凡な「三平男子」が理想の結婚相手だという風潮もあるというが、なんと先日アメリカで発表された研究では、さらに「低身長」がキーワードになっているという。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/10/post_5007.html】

■低身長男性は離婚率も低い

 ニューヨーク大学の社会学者アビゲイル・ウィッツマンとダルトン・コンリー両氏が行った研究によると、平均身長以下の男性は、高身長の男性よりも離婚率が低い傾向があることが明らかになった。しかも、低身長男性は「自分よりも教養が乏しい、かなり若い女性と結婚し、妻よりずっと高所得者」であるという結果になった。

 一方、身長の高い男性は早く結婚するが、離婚も多いことが分かった。しかし、背の高い男性は低身長の男性よりも家事参加率が高いことが報告されている。

 この研究発表に対し、エッセイストでコメンテーターのアダム・ゴプニク氏は渋い顔だ。BBCのニュースマガジンで自らを小柄であると認めた上で、低身長男子の離婚率の低さの理由は「デスパレートだから」と説明している。

「背の低い男は家事なんてしません。できないんです。ほら、重い掃除用具がしまってあるクローゼットの一番上に届きませんからね。もちろん、結婚は長続きますよ。"必死さ"が背の低い男を良き夫にするんです。でもそれは、決して一生懸命妻を喜ばそうとするからじゃないんです。一生懸命にうまく妻を説き伏せるからなんです」と、どこまでも自虐的だ。

 実際、低身長男性の場合、結婚率も離婚率も低い。再婚は難しいから、一度結婚するとそれを維持しようと努力するのかもしれない。女性も高収入に惹かれて離婚を思いとどまる。なんだか身長の低い男性は、収入の高さでもって背丈をカバーしているようにも思えてくる。身も蓋もない話になってしまうが......。

■低身長男性は努力を怠らない!?

 しかし、経済力に関係なく、世の中には背が低くても女性にモテる男性というのは存在する。彼らに共通するのは性格の良さだ。前向きで、裏表がなく、一緒に居てホッとできる男性は身長に関係なく異性からも同性からも好かれる。いくら長身でハンサムであっても、感情の起伏が激しかったり、約束を守れないといった社会常識の無い男性は、女性から敬遠されてもしかたないだろう。恐らく、背の低い男性は、好きになった女性のパートナーとして相応しい男となるべく、自分より背の高い男性たちに負けぬよう、勝てる土俵では常に勝てるように、人間としての魅力磨きを怠らないのかもしれない。

 考えてみれば、筆者の知人にもそんな男性がいる。彼はインディーズ系バンドのギタリスト。イケメンだし音楽の才能もあるのに、惜しいけど「タッパ」にだけは恵まれなかったかなぁ、というのが周りの見方だ。しかし、女性には本当によくモテる。性格が良く、聞き上手で、とにかくマメ。既婚者でなければ恋に落ちてしまう女性もいるかもしれない。そう、彼は結婚して20年の愛妻家なのだ。ミュージシャンの生活は不規則で、すれ違いから破局してしまう話をたまに耳にするが、彼らは誰が見ても微笑ましい「蚤の夫婦」だ。そして、彼があと10センチ背が高かったら、全く別のストーリーがあったかもしれないと想像する。余計なお世話だろうが、今の身長差だからこそ二人は幸せなのではと妙に納得している。
(文=佐藤Kay)

※画像は、YouTubeより

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2014年10月18日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。