「噴火男」「地震男」「ジョン・タイター」ネットに降臨した予言者たち

「噴火男」「地震男」「ジョン・タイター」ネットに降臨した予言者たち
拡大する(全1枚)

■御嶽山噴火を予言した「噴火男」

「9月27日の御嶽山の噴火を予言した男性がいた」と、ウェブ上で話題になっている。その男は、知識や知恵を共有し合うサイト「Yahoo!知恵袋」に2014年9月20日登場し、

「岐阜県御嶽山の今回の噴火で、噴火した場所まで一番近くに行くにはどの登山道が良いでしょうか?」

と質問したのである。

 彼の質問を受けて、翌日に、

「噴火は1989年ではないのか? 今年噴火はしてないでしょう!」

と反論が上がったが、すると彼は、

「9月に入って噴火していますよ」

と回答したのだ。

 さらに彼は、「実は登山予定の火山が訪問一週間前に噴火しており、今週末からキャンプ予定の御岳山まで噴火、来月旅行予定の洞爺湖の有珠山も噴火するのかと思い質問しました。周りから噴火男と言われてます」と続けている。またそのため、「周りからは噴火男と呼ばれています」と告白したのだ。

 この「噴火男」は、自身と火山噴火の奇妙な関連性に気づいていたのだろうか。

 そしてその後、「噴火男」の書き込み通り御嶽山が噴火したため、ネットで「予言者」と騒がれることになる。

 だが、御嶽山噴火後の騒動に対し、噴火男は28日に、

「自分は火山をこよなく愛するただの火山オタク。ただ、先々火山噴火が起きて予定が狂って困っているだけ」

 と回答している。さらに「噴火男」は、自身の質問は予言ではなく、「NHKのローカルニュースで御嶽が久々に水蒸気爆発した」という報道を見たため、その場所を知りたくて、知恵袋に上記のような投稿を行なったと明言した。だが、これまでの彼と噴火の奇妙な関連性を考慮するならば、彼が10月に登山予定だという「有珠山」も注目せざるをえないだろう。

■行く先々で地震に見舞われる「地震男」

 近年、ウェブ上に降臨して話題となった予言者といえば、「地震男」が有名だ。彼は出張で行く先々にて、ことごとく大きな地震に遭遇しているという...。

 1995年、マグニチュード7.3の阪神淡路大震災に遭遇。また2004年、マグニチュード6.8の中越地震が発生した際には新潟へと赴いていた。さらに2007年、石川県に出張に行った際にマグニチュード6.9の能登半島地震を体験するなど、驚くべき遭遇率を誇っている。

 そして、2011年の1月18日にweb上の掲示板に、

「今年の3月中旬に岩手県に行くけど地震ないといいな」

 と書き込んだ後、2011年3月11日には、マグニチュード9.0の東日本大震災という日本観測史上最大の大震災に見舞われたという。

 その後、彼は再びウェブ上に現れ、「大船渡で死ぬかと思ったけれど怪我なく帰って来た」と、生存報告を行なった。この彼の高すぎる遭遇率に対し、ネットユーザーたちの好奇の視線が向けられているのだ。

 彼によれば、4年に1回ぐらいの割合で長期出張があり、その都度大地震の被害に遭っているそうだ。東日本大震災から4年後となる来年2015年に、「地震男」が長期出張となれば、その地で大震災が起こる可能性があるかもしれない。

 だが、あくまで匿名掲示板での出来事ゆえ、書き込まれた事柄が事実なのか、また「地震男」が同一人物であるか、などはすべて不明である。

■元祖ネット降臨予言者ジョン・タイター

 2000年11月2日、ネット掲示板に「未来人」を名乗る者が突如降臨し、アメリカを中心に話題となった。

 その者の名はジョン・タイター。彼は、2036年からタイムトラベルをしてきたと自称し、数々の予言をweb上に書き込んだ。彼の予言がすべて的中したわけではないが、そのうち「第二次湾岸戦争」「中国の宇宙進出」「新ローマ教皇誕生」などを当てたため、その書き込みを見ていた人々は驚愕した。

 彼は、2001年3月24日に予定の任務を終えたとして、web上から姿を消している。だが、彼は「2015年、ロシアがアメリカに核兵器を打ち込むことで第3次世界大戦勃発」という予言を残している。昨今のアメリカとロシアの緊迫した様子をみれば、その日が来るのもあながち嘘とは言い切れないが...。

■ウェブ上の予言は未来人からの警告か?

 全世界の人々に情報が行き渡るインターネット。現在では誰もが、情報を手っ取り早く知ることができる便利なツールへと成長した。

 我々の意識が変わるだけで、未来は微妙に変化していくとされる。ジョン・タイター、噴火男、地震男などウェブ上に降臨する正体不明の予言者は、実は人々の被害を最小限に抑えるため、巧妙に身分を隠した未来人からの警告なのかもしれない。
(文=白神じゅりこ)

※イメージ画像:『予言 プレミアム・エディション』(ジェネオン エンタテインメント)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク