自宅近くの空中で停止している"二重丸型UFO"をカップルが発見!

自宅近くの空中で停止している"二重丸型UFO"をカップルが発見!

 自宅の上空でホバリングしている謎の物体をカップルが発見し、撮影したことを英「Daily Mail」が伝えている。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/10/post_5031.html】

■撮影しながらも動揺するカップル

 謎の光る物体の画像は、ロンドン南部のエルサムにある家の裏庭で撮影されたもの。光は綺麗な円形で二重になっているようにも見える。

 発見したカップル、チャーリーとジェンマは10月6日の午後9時頃、煙草を吸いに裏庭に出ており、その際に空中で浮遊している不思議な物体に気づいたという。

 チャーリーはすぐにジェンマの携帯電話を掴み、30秒の動画を撮影した。動画では、奇妙な光に動揺する二人のやりとりもみてとれる。

「あの光はなんだ?」というチャーリーに対してジェンマが「飛行機よね?」と口を開いたが、「本当か? 飛行機と違って今の光は微動だにしていなかったよ...」と言われてジェンマは口をつぐんでしまった。光は最後に少しチカチカしたかと思うと、消えてしまったようだ。

 ジェンマは同居する弟カップルに知らせようと窓をドンドン叩いたが、駆けつけて来た時はすでに遅く、間に合わなかった。2人は、「その丸い光は、同じ場所に数分浮かんだ後に消滅した。ショックでしばらく茫然としてしまった」と語っている。

 チャーリーは「僕はこういう類のものにはかなりの懐疑論者だが、あれは本当に不思議としか言いようがない。飛行機みたいにチカチカ点滅しないし...。絶対に月じゃなかったという確信もある。万が一、星だったとしてもいきなり消えたりしないだろう? 今だにあれがなんだったのか気になって頭をかきむしるぐらいなんだ...」と釈然としない様子で語る。

 イギリスと言えば、2009年まで国防省にUFO調査部局をおいていたほどのUFO大国である(残念ながら、国防上の価値はないとして同年12月に閉鎖)。今回の記事に対して揶揄するコメントも多く見られるが、「絶対UFOだよ!」「同じような光を1年前に見た!」という肯定的なコメントも集まっている。

 真偽は不明だが、それだけ注目度も高いUFO目撃情報。次はどのような目撃談が出てくるだろうか。
(文=Maria Rosa.S)

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2014年10月20日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。