傘が劇的に進化! 見えない傘、その名も「空気傘」が製品化目前!!

傘が劇的に進化! 見えない傘、その名も「空気傘」が製品化目前!!

 このガジェットは、決して次世代の"大人のオモチャ"などではない。その形からは想像できないが、これは中国・南京航空航天大学の卒業生たちが中心となって発明した未来の傘、その名も「空気傘(Air Umbrella)」だ。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/10/post_5074.html】

■「空気傘」の構造とメカニズム

 「空気傘」ヘッド部分に搭載されたモーターが、使用者を頭上から覆うように空気を噴出することにより、雨を寄せ付けない仕組みとなっているという。つまり、こうもり傘の布地の部分を、目に見えない空気の層で代用してしまおうというハイテク製品なのだ。噴出される空気は約1mの円状に広がるため、ほとんどの人が十分収まることができるという。デモンストレーション映像からは、降り注ぐ水滴を空気が見事に弾く様子が確認できる。

 こうもり傘の"棒"に該当するパーツは少し太めになっているが、内部にリチウム電池が搭載されている。持ち手の部分には、コントロールスイッチも付いているようだ。本体は、もちろん防水性能を備えている。

■しかし課題も......

 まさにこれこそ未来の傘のスタンダードか!? と興奮しそうになるが、発明者たちは「空気傘」にはまだクリアしなければならない技術的課題があることも認めている。その1つは、駆動時間の短さだ。現在の、「空気傘」は、最長でも30分しか駆動できない。今後は電池の改良にも取り組む必要がありそうだ。そしてもう1つの課題は、強風や豪雨への対応。開発者によると、風雨が強まるほど、噴出する空気も強くしなければならないという。そのため、現段階の「空気傘」は、土砂降りの日には効果を発揮できないようだ。しかし台風のような天候下では、そもそも従来の傘さえ使い物にならないため、こちらはそれほど問題にならないかもしれない。

■クラウドファンディングで大反響

 ちなみに、「空気傘」のプロトタイプには、機能別に3種類が存在している。タイプa(約9,500円)は15分駆動。タイプb(約10,600円)は30分駆動。タイプc(約11,700円)は30分駆動+伸縮機能付き。しかし市場に出す場合の価格は、200ドル(約21,600円)ほどになると見積もられているようだ。

 開発チームは現在、クラウドファンディングサイト「KICKSTARTER」上で製品化のための資金を募っている。彼らの当初の目標額は1万ドル(約108万円)。しかし、締切り5時間前のタイミングで(24日17:00現在)、人々からの投資額はその10倍、なんと101万ドル(約1,092万円)にも達している! 「空気傘」、その名前の響きは、まるで『ドラえもん』のひみつ道具のようだ。果たして未来の街には、この傘をさす人が溢れることになるのだろうか。今後の製品化と、さらなる改良が楽しみである。

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2014年10月26日のびっくり記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。