ぐうたら息子と鬼の家族! "日本初"の保険金殺人「日大生殺し事件」とは?

ぐうたら息子と鬼の家族!  "日本初"の保険金殺人「日大生殺し事件」とは?

――日本で実際に起きたオカルト事件、B級事件、未解決事件など、あなたが知らない、前代未聞の【怪事件】を今一度振り返る!

「強盗に入られて、兄さんが殺されました。すぐに来てください!」

 昭和10年11月3日午前2時半頃、寝間着姿で裸足の男女が、東京市の本富士警察署壱岐坂派出所に駆け込み、警察官に叫んだ。

 警察官は、本郷弓町の徳田家に向かった。家に入ると、血だまりに徳田貢(当時、24)が倒れている。刺し傷17カ所、切り傷5カ所、体中にある傷は、足裏にまで及んでいる。

 貢の母親の徳田ハマ(当時、46)が、状況を説明した。

「午前2時頃、押し入ってきた20歳くらいの男が、私を起こして、金を出せと出刃包丁を突きつけてきたんです。怖くて60円を差し出したんですが、2階に寝ていた貢が騒ぎに気づいて降りてきて、男を捕まえようとしたんです。包丁を振りかざす男に、柔道2段の貢が組み付いたんです。男は貢をメッタ刺しして、60円を奪って逃げたんです」

 当時は、大学卒の初任給が、70円という時代であった。

 家に住んでいたのは、ハマと長男の貢の他、長女の栄子(当時、21)、次女の秀子(当時、17)、次男の充(当時、11)の5人であった。派出所に駆け込んだのは、次女と次男である。父の寛(当時、51)は、樺太の敷香で医院を開業していた。

 強盗殺人事件として、本富士署は緊急警戒網を張った。タクシー業者や旅館に聞き込みをかけ、ラジオを通じて目撃者を探した。それでも、何ら手がかりはつかめなかった。

 父の寛が樺太から帰ってきて、11月9日、貢の葬儀が執り行われた。

「これも運命ですから......」

■疑惑

 強盗に果敢に立ち向かった息子を、誇りに思ったのであろうか。寛は哀しみを顔には出さず、落ち着き払った態度で弔問客に接した。

 1カ月経っても手がかりは得られず、警察は次第に家族へ疑いの目を向けた。当初から、おかしいと思われることはいくつもあった。

 凶器となった包丁は台所の流しにあったが、血が洗い流されていて指紋が採れなかった。台所の高窓から犯人が侵入したとのことだが、その形跡がない。畳の上の血に残った足跡は、ハマと栄子のものしかない。逃走するのが目的だった犯人が、貢の足の裏まで刺しているのは不自然だ。そして、ハマや榮子が語る犯人像は、貢によく似ていた。

■家の秘密

 家族は、貢は善良な息子であったと述べたが、警察が調べるとまるで違っていた。貢は中学時代から酒、煙草をやり、日本大学専門部歯科に裏口入学したものの、カフェー、ダンスホール、マージャンクラブ、遊郭などに入り浸り、5年間在籍しているにもかかわらず、いまだ3年生であった。

 そして、ある事実が発覚する。徳田家は貢の生命保険を3社にかけており、計6万6千円ほどを受け取っていたのだ。今の貨幣価値なら、1億数千万円に値する。この時代、生命保険はさほど普及していない。妻やほかの子どもには、生命保険はかけられていなかった。

 次に警察は、父の寛の素行を調べた。寛は医学校には行かず、独学で医師試験に合格して医師になった努力家。昭和6年に樺太に病院を開業した。だが地位を手に入れた安心感からか、妻がありながら、女に走るようになった。そんなこともあり、病院は経営不振に陥った。そして、病院に放火して火災保険を詐取しようと企ていたことが分かった。この時、寛の女遊びに苦しめられていたはずのハマも共謀し、自分の知人に放火を頼んでいる。しかしこれは、未遂に終わった。

 徳田家は、寛の病院の経営不振と、貢が学費や下宿代を遊びに浪費し妹からも金をせびるという、2重の金の苦労に悩まされていた。それを一挙に解決する方法として、貢を殺して保険金を得るということが考え出されたのだ。

■計画

 初めは、貢に毒物を飲ませることを考えた。柳川鍋に入れたが、薬が溶けなかった。コロッケに入れたが、配膳すると、薬の入っていないものが貢の前に行った。その後も食物に入れたが、少なすぎて効かなかったり、多すぎて吐き出したり、何度繰り返しても失敗した。梅毒の治療と偽って、看護師に注射させることも考えたが、分量に看護師が不審を抱いて行われなかった。

 そして包丁で刺し殺し、強盗の仕業に見せかける...という方法に行き着いた。犯行に引き込もうと、ハマは栄子を説得した。栄子は最初反対したが、貢に金をせびり取られ、大学を中退せざるを得なくなったということもあり、母の粘り強い説得で、これを受け容れる。

 11月3日午前1時過ぎ、酔った貢が帰ってきた。ハマと栄子は、三畳間に貢を誘った。栄子は貢に、両手首を手ぬぐいで縛って口で解く、という遊びを提案する。貢は不審に思うこともなく乗ってきた。

 貢が、両手首を縛った手ぬぐいの2つある結び目の1つを口で解いた時、ハマは取り出した出刃包丁で、一気に貢を刺した。

「僕が悪かったよ。許して......」

 貢は、母と栄子に許しを請うた。だが、ハマは貢にのしかかって、ところかまわず刺しまくる。

「死ぬ死ぬ......、末期の水をくれ」

 息も絶え絶えになった貢は、そう言った。

 騒ぎで2階から降りてきた秀子に、強盗にやられたのだから交番に行ってくれと、ハマは頼んだのだった。

 事件の4日後に帰京した寛に、貢の遺骨の前で、

「喜んでください。私がやりました」

 ...と、ハマは報告した。

 寛、ハマ、栄子は、12月6日、本富士署に召喚拘置された。3日目に、ハマと栄子が自供するに至った。寛は否認し続けたが、寛とハマは殺人ならびに殺人未遂罪及び詐欺罪、栄子は殺人および殺人未遂罪で起訴された。公判が始まると、ハマは「私一人が悪いのです。私だけを罰してください」と言い、栄子は「私も関わった」と言った。だが、寛は関わりを否定した。

 昭和12年7月19日、第一審判決で寛に死刑、ハマに無期懲役、栄子に懲役6年の刑が降った。控訴審では寛に無期懲役、ハマは懲役15年、栄子は懲役4年の刑が下り、ハマと栄子は上告せずに確定した。

 寛は無罪を主張して上告したが、昭和13年12月23日、棄却された。寛は終戦後に仮出所した後に、死亡している。この時代、生命保険などをかけるのは、金持ちだけだった。これが日本における、保険金殺人の第一号であろう。
(文=深笛義也)

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2014年12月8日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。