「いま韓国コスメの流行は、ヒト!」異常にシュールな方向に向かう韓国美容の今

「いま韓国コスメの流行は、ヒト!」異常にシュールな方向に向かう韓国美容の今

 どうも、オカルト・怪談を研究している吉田悠軌です。

 実は僕、化粧品について調べるのがけっこう好きだったりします。

 断っておきますが「僕の趣味がお化粧だから」という気持ち悪い理由では無いですよ。「オカルト研究の一環として化粧品を調べたい」という、もっと気持ち悪い目的からです。もちろん美容業界では、各メーカーがたゆまぬ努力と研究を積み重ねているのでしょう。そこを揶揄するつもりはまったくありません。でも、皆さんも時々、こう思ったりしませんか?

「コスメや美容って、けっこうオカルトなんじゃないの?」

 と......。

 世にある化粧品は、実に様々な種類の素材・配合物があり、素人目から見ると不思議に思えるものも。代表的な例は「コラーゲン」でしょうか。コラーゲンは口から摂取しようが、肌に塗ってみようが"ぷるぷる肌"にはほとんど効果がない、というのはよく言われることです。その他にも、金粉や日本酒、キャビアを使用した美容液なんてのもよく見かけますね。数年前、「南国にある、満月の夜だけ咲く花からとった夜露」を配合した化粧水を見かけた時は、さすがにオカルト色を感じたものです。また、顔にタオルを巻いて、その上から炎を燃やす中国のエステもかなりオカルト。顔から火柱をあげることで肌を活性化させるらしいですが、火傷しないか心配であります。

■カタツムリ、毒蛇...、加速するゲテモノ美容

 そんな「オカルティック美容」で僕が注目しているのは、ずばり韓国。美容整形が盛んなお国柄ですが、あくなき美への追求は、時に個性的すぎる方向へスライドすることも。

 それでも7、8年ほど前までは、変わり種化粧品といっても、せいぜい漢方系くらいのもの。高麗人参や薬用キノコなど、日本では珍しくとも、あまり奇異な印象はありませんでした。
やはり話題となったのは2009年頃、カタツムリを使ったクリームの流行でした。本来なら「気持ち悪い」とされがちなカタツムリ粘液。その成分を顔に塗るという手法が、世間を驚かせました。それでもヌルヌル感が肌に良さそうとウケたようで、その後、ハチ、ミドリムシと、虫由来の製品が台頭してきたのはご存じの通り。さらに間をおかずして毒蛇由来の化粧品まで出てきました。カタツムリも毒蛇も、コスメ使用としての元祖はヨーロッパですが、ポップかつメジャーに広めた韓国女性の熱意はすごいものがあります。

 そういえば昨年、ついに韓国で「ゴキブリ由来」のパックまで出てきたとの噂が広まったりもしました。ゴキブリをミキサーですりつぶし、ゲル状になった緑のペーストを顔に塗るというもの。Twitterなどでさんざん話題になったので、ご記憶の方は多いでしょう。潰しきれなかった足が一本、ちょこんと顔に乗っかっている画像がネットに出回り、大勢の人が悲鳴を上げたものです。

 さすがに怪しいと思って「바퀴벌레 팩(ゴキブリパック)」で動画検索してみると、どうも元ネタは投稿された面白系映像。つまり悪ふざけ、ヤラセの類みたいですね。古いものだと2006年に韓国のサイトにアップされていますが、8年のタイムラグを経た日本で、誤解による都市伝説が流布されてしまったわけです。

 ただ、2006年の時点で、そんな動画が作られていること自体が興味深いです。つまり十年前から、「韓国ではあらゆる素材を美容に使っちゃう」というネタがパロディとして成立している証拠。韓国コスメの奇妙なチャレンジ精神は、最近始まったものではないようです。

 さて、虫由来、は虫類由来ときて、次にどんな生物がブームとなるのか......。僕も虎視眈々と韓国コスメの動向をうかがっておりました。そして先日。ソウルのロッテデパートにて、"それ"を見かけた時、思わず「ここまで来たか!」と叫んでしまったのです。

 それはずばり、ヒト由来!

■人間の幹細胞を注入!?

 行き着くところまで行った、まさに○○由来の最終兵器。ガイドブックにも「いま韓国コスメの流行は、ヒト!」と紹介されていてシュールさ満点です。

 ここで使われているのは、人間の幹細胞。今までも植物由来の幹細胞コスメはありましたが、ヒト由来の方が効果大とのこと。日本ではSTAP細胞騒ぎのせいでイメージが悪くなった幹細胞も、美容の救世主として大人気のようです。韓国では様々なメーカーが開発に着手しており、あの大企業LGまでもが「O HUI」なる幹細胞シリーズを発売しています。

 どうやら脂肪などから抽出した幹細胞を培養したエキスが、皮膚組織の細胞を再生させて美容効果がうんぬん......との仕組みらしいですが、正直、文系オカルト野郎の僕にはほぼ理解できておりません。

 ここは実際に試してみなければ。そう思って購入したのは、Dr.Jart+のセルウェイクシリーズ、その中でも一番人気のアイクリームです。8万3000ウォン(約9000円)と、けっこういいお値段。

 目元に塗ってみると、しっとりしながらピリピリ刺激感があるような気も......。これが「誰かの細胞が体内に入ってくる感覚」なのでしょうか。ヒトパワーで目じりのシワが消えてゆくのか、使い続けてみようと思います。

 ヒト由来成分は、2014年から国際的な化粧品原料として登録されたので、これから広まっていく可能性も高いでしょう。アメリカでは卵子からとった幹細胞スキンケアもあるとか。
今後ますます盛り上がりそうなヒト幹細胞コスメですが、素人考えでは、「いったい誰からとった細胞なのよ?」という点が気になるところではあります。このブームが進んでいけば、「あの女優の幹細胞を使用!」「人気モデルから抽出したエキス!」といった触れ込みの化粧品も出てくるかもしれません。あるいは、有機野菜などに「私たちが作りました」という農家写真が付いてるのと同じように、「私の幹細胞から抽出しました」という美女の写真がパッケージされてゆくかも......。
(文=吉田悠軌)

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月17日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。