絶対に忘れてはいけない子殺し事件3! ノンフィクションライターが選出!!

絶対に忘れてはいけない子殺し事件3! ノンフィクションライターが選出!!
credit:Krisztina Tordai/from Flickr CC BY 2.0

 親が子どもを殺す。これほど痛ましいことはない。子殺しの事件は、今年に入ってからだけでも5件以上が起きている。だが、ろくに報道されることもなく、すぐに忘れ去られてしまう。

「いたずらを注意したが聞かなかったから」
「言うことを聞かず、泣きやまなかったのでやった」
「イライラして払いのけた」

 これは、加害者となった親たちの言葉。たったこれだけの理由で、殴ったり首を絞めたりして命を奪ってしまう。橋の上から、子どもを川に落とした母親もいた。

「食べ物の好き嫌いが激しかったから死んだのではないか」

 食事を与えずに、3歳の娘を餓死させた19歳の母親は、そう弁明した。もちろん子育ての大変さは、経験した者でなければわからないだろう。育児に疲れ果てて、子どもとともに無理心中を遂げた例も少なくない。

 親が子を殺める現場に、派手さはない。周囲の遺族も早く忘れたいと願う。そんなことから、報道も先細りになっていくのだろう。無残な死を遂げる子どもを1人でも減らすためにも、これから紹介する子殺しの事件に目を通して頂けたらと思う。

【1、目黒5才児窒息ゴミ袋殺害】

 東京・目黒の高級住宅街、碑文谷。中でもひときわ目立つ3階建ての豪邸には、白いイタリア製の高級車が停まっていた。近所でも有名な豪邸には、夫婦と母親、13歳、3人の男の子と長女との7人が暮らしていた。

 事件が起きたのは平成24年9月2日。正午頃、夫が異変に気づいた。2階のリビングで、三男の滉史くん(5歳)が、頭と足から2枚のゴミ袋をかぶせられているのを発見したのだ。袋は粘着テープでつなぎ合わされており、滉史くんは窒息状態でぐったりしていた。すぐに病院に搬送されたが、3日後、低酸素脳症で死亡した。

 発端は事件前日の1日夜。子どもたちが遊んだおもちゃを片づけないことを、母親の重田史都(しづ、当時41歳)が叱り、ニンテンドーDSを取り上げてゴミ袋に捨てた。そして、かねてから睡眠障害に悩まされていた史都は、睡眠剤1錠と焼酎の水割りを1杯飲んで眠りについた。朝までに2度、目が覚めると、そのつど睡眠剤を服用した。

 翌2日の午前11時ごろ、史都が目を覚ますと「おかあ、DS」と言って滉史くんがすがってきた。長男と次男は手のかからない子どもだったが、滉史くんは活発でやんちゃ、聞き分けのないところも目立った。かねてから、史都はしつけに悩んでいたのだ。

「息をするのと、DSやるの、どっちがいい?」

 史都は滉史くんに聞く。すると、滉史くんは答えた。

「DSするほうがいい」

 息を吸うことが大切であるということを伝えたい。そう考えた史都は、滉史くんの手足をビニールひもで縛ったうえ、目や口に粘着テープを貼った。その上に、ごみ袋を、頭からと足から、2枚かぶせて、粘着テープでつなぎあわせた。

 そうすると史都は、再び睡眠薬の効果で眠り込んでしまったのだ。ぐったりした滉史くんを発見した夫の通報で、救急車とともに警察もやってきて史都は逮捕された。

  長野県で生まれ育った史都は、県で一、二を争う名門高校へと進学。東京大学を目指すが不合格に終わる。有名私立大学には合格していたが、「それじゃあ意味がない」と専門学校に進学していた。

 夫は、飲食店や宅配弁当を手がけ、年商70億円に迫る会社の経営者。史都も子育てしながら、家で経理を手伝っていた。平成25年10月3日、東京地裁での裁判員裁判で、史都への判決公判があった。田辺三保子裁判長は「犯行は非常に悪質」と指摘しつつ、夫の会社の仕事と並行し、家事と4人の育児を独りで担うなかで、夫がうつ病を発症し、体も心も追い詰められていたと配慮を示し、懲役3年保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。



【2、大阪女児行方不明殺害】

 報道当初は、よくわからない事件であった。

「大阪市東住吉区に住民登録がある女児(6歳)が出生直後から行方不明になっている事件」と新聞は報じていた。平成25年2月9日、大滝ちぐさ(当時35歳)と、夫の清人(当時53歳)は詐欺の容疑で逮捕されたのだ。

 警察の調べによると、二人の間には学校に入学するはずの6歳の女児がいるはずだが、生存が確認できず行方不明扱いになっていた。女児の児童手当を騙し取っていたというのが、夫婦にかけられた嫌疑だった。

 しかし、2月26日になって、ちぐさが借りていた兵庫県尼崎市瓦宮のアパートの1室から、一部が白骨化した乳児の遺体が見つかった。司法解剖でも性別がわからないほど、遺体は損傷していた。

 ちぐさは、府内有数の進学校に小学校から入学した優等生だったが、大学受験に失敗してからは水商売のアルバイトを始め、その頃に知り合ったのが夫だった。

 ある日、結婚してからも奔放に男遊びをしていたちぐさは、夫ではない別の男との間に妊娠してしまう。しかし、夫には臨月になるまで隠し続け、「中絶する」というと夫は納得したという。ところが、臨月になってから中絶などできるわけがない。

 平成18年5月11日、大阪市浪速区の病院で出産。5月17日に退院すると、公衆トイレで女児の首を絞め殺し、遺体を家に持ち帰ったが、ひどい臭いに「何とかしろ」と夫に言われ遺棄したのだ。

 5月19日、東住吉区に出生届と児童手当を申請。「病院で出産したのに届け出なければ、発覚すると思った。生活費も必要だった」と後に供述で明かした。発覚するまでに受け取った児童手当の総額は、93万4千円だった。

 自分の娘を手にかけてから逮捕まで、ちぐさは相変わらず奔放に暮らしていた。風俗店で働くかたわら、沖縄旅行に出かけたり、東京ディズニーランドで遊ぶ自分の笑顔を、「フェイスブック」に載せていた。そこには「絶対韓国に行く!食べる!買うー!!」などの言葉もあった。

 2013年10月4日、大阪地裁での裁判員裁判で、判決公判が開かれると、求刑の懲役10年に対して、大滝ちぐさに言い渡されたのは懲役5年。「夫でない男性の子を妊娠し、夫に中絶を約束したことで心理的に追い詰められていた」、詐欺については「殺害を隠すためで、積極的に金銭を得る意欲はなかった」と、田口直樹裁判長は判決の理由を述べた。



【3、中2男子虐待自殺事件】

 親からの虐待の末に、自ら命を絶ってしまった子どももいる。2014年7月29日、中学2年生の村山由衣翔(ゆいと)くん(当時14歳)が、部屋の入り口に立てかけられたふすまを動かすと、父親の村山彰(当時41歳)が「ふすまを動かすな」と言った。父親は由衣翔くんが返事をしないことに激高。両目が晴れ上がり、唇から血が滴るほど、殴る蹴るなどの暴行を加えた。

 そして、父親はこう吐き捨てた。

「24時間以内に首でも吊って死んでくれ」

 翌30日午前8時50分頃、母親(当時39歳)が、由衣翔くんが自室で首を吊っているのを発見する。母親は119番通報しようとした。

「捕まる準備をするから待て」

 父親は、そう言って母親を止め、約50分後に自ら通報した。その間に、人工呼吸などの救命措置などはとっていない。司法解剖の結果、死因は窒息死だった。

 村山彰は由衣翔くんの実の父親ではない。夫婦が結婚したのは平成24年3月。由衣翔くんは母親の連れ子だった。事件になってから、暴行は同居当初から始まっていた、と母親は明かした。平成25年に由衣翔くんが中学に進学してからは、しつけと称した虐待がひどくなったという。

「息が臭いから食事の時以外はマスクをしろ」

 そんなことを強要するなど、精神的な虐待もひどかった。女性用の下着を着せ、携帯電話で撮影したこともあった。肉体的な虐待も頻繁だった。ボクシングの経験があるという父親が、グローブをはめてスパーリングのように殴ったこともある。由衣翔くんは、外に向かって助けを求めていた。

 平成25年11月と平成26年4月、学校職員が由衣翔くんの顔のあざに気づいた。問い質すと、「父親から殴られた」と打ち明けた。児童虐待防止法ではこのような場合、児童相談所への通告が義務付けられている。この時に適切な対処が取られていれば、由衣翔くんの命は失われずにすんだだろう。だが、職員での会議で出された結論は「様子を見る」だった。

 6月からは、「精神的な問題で学校を休ませる」と父親が連絡し、由衣翔くんは学校を休んでいた。これは虐待を隠蔽するためだった。由衣翔くんは足を蹴られて、自力で歩けないほどになっていたのだ...。

 東京地裁立川支部で、村山彰の審理が進んでいる。傷害罪について「一部は妻がやった」と起訴内容の一部を否認。自殺教唆罪については「自殺をそそのかしたことも、自殺させようと思ったこともない」と述べ、村山は争う姿勢を示している。
(文=深笛義也)

※画像はcredit:Krisztina Tordai/from Flickr CC BY 2.0

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2015年2月27日のびっくり記事
「絶対に忘れてはいけない子殺し事件3! ノンフィクションライターが選出!!」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    酷すぎる事件で言葉が出ない。

    12
  • 匿名さん 通報

    酷すぎる事件で言葉が出ない。

    6
  • 匿名さん 通報

    何でもないような事が 幸せだったと思えば遠くへ来たもんだ

    3
  • 匿名さん 通報

    子供は国の宝であるから、子殺しは親殺しが対象であったかつての尊属殺人と同様に死刑及び無期懲役とすべきである。 憲法上の法の下の平等との兼ね合いは、相対的平等を満たすものであり充分実現可能である。

    3
  • 匿名さん 通報

    可哀想だニャ…

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。