アップル、グーグル...欧米大企業の研修に"瞑想"!? パワーエリートの間で常識化する「マインドフルネス」

アップル、グーグル...欧米大企業の研修に"瞑想"!? パワーエリートの間で常識化する「マインドフルネス」

 欧米の大手企業がこぞって社員研修に瞑想を取り入れている。その最尖峰はグーグル社で、独自の幹部向け研修プログラム『Search Inside Yourself』=S.I.Yプログラムを開発、自社のみならず社外にも販売している。

 半導体メーカーのインテル社は社員10万人に対して9週間の瞑想を取り入れた研修プログラムを受講するように指示し、投資会社のゴールドマンサックスやアップル社なども同様の研修セミナーを開催しているそうだ。

 瞑想によってビジネスのパフォーマンスを上げ、ストレスを減らして人間関係を円滑にするのだという。この新しい瞑想はマインドフルネスと呼ばれ、「TIME」誌が取り上げるなど、パワーエリートの間ではもはや常識となりつつある。

 今さら瞑想? ヒッピー文化の変型か、あるいは保守陣営が夢見る日本独自の精神文化ではないのか? 70年代には、禅寺で座禅を組む新入社員、あるいは幹部候補生の姿がニュースになった。日本人の目には、瞑想は古臭い感じを受ける。

■現実をありのままに認識するプログラム

 今回の瞑想ブームは、ある認知療法プログラムが元になっている。1970年代に、マサチューセッツ大学医学校名誉教授ジョン・カバットジンが開発した『マインドフルネス ストレス低減法』という8週間プログラムがそれだ。日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者鈴木大拙に影響を受けたジョン・カバットジンは、医療に禅を応用できないかと考え、慢性疼痛という傷や病気が治ったのに痛みがなくならない患者から苦痛を取り除く方法としてこのプログラムを開発した。

 瞑想には「サマタ瞑想」と「ヴィパッサナー瞑想」の2種類があり、マインドフルネスはヴィパッサナー瞑想に基づいている。サマタ瞑想は自分の心の中にある無意識の階層へ深く潜っていき、意識を変化させる瞑想で、超能力や宗教的法悦体験につながっていく。

 一方のヴィパッサナー瞑想は現状をありのままに認識する技術だ。『アナと雪の女王』ではないが、ありのままに現状を認識することで、ストレスを大幅に軽減する。

 たとえばうつ病と不安症という現代人の2大精神疾患がある。うつ病は過去のことをネガティブにとらえ、その反復が大きくなり現在までも否定してしまう。一方、不安症は過呼吸などの発作が特徴だが、何かをしたら発作が起きるんじゃないかという不安から発作が引き起こされる。電車に乗っている最中に発作が起きたら困るという不安から、電車に乗れなくなってしまうわけだ。

 どちらも現在に問題があるわけではなく、自分の過去や未来が頭の中で過剰に大きくなり、現在にネガティブな影響を与える病気だ。ジョン・カバットジンが治療しようとした慢性疼痛も、ガンや関節炎、重度の怪我などの痛みが痛みのネガティブなサイクルを作り出し、ほとんど痛くないのにものすごい痛みを感じるようになってしまう病気だ。今が過去の痛みによってネガティブに歪められているのだ。

■ボディスキャニング

 ヴィパッサナー瞑想は、自分の体が感じ取ることをそのまま受け止めるように訓練する。呼吸を意識することから始まり、食べることや歩くことで体の中がどのように変化していくのかを観察する(ボディスキャンという)。そうした訓練を続けることで、自分を完全に客観視し、現在だけを素直に受け入れることが可能になるのだという。その結果、過去に影響されるうつ病や慢性疼痛、未来に怯える不安症の症状は大幅に軽減する。

 現実が見えなくなり、自分で作り出した苦しみに自分ではまり込む。それが人間だ。現実をそのままに見ることで、そうした苦しみから人間を楽にする、それがマインドフルネス瞑想の目的なのだ。

25分頃からカバットジンが誘導するマインドフルネス瞑想の様子がわかる「YouTube」
 MRIを始めとする脳の検査に有効な装置が飛躍的に進歩したことで、瞑想の科学的メカニズムが解き明かされ始めている。

 2005年にサラ・レーザーらが発表した論文『Meditation experience is associated with increased cortical thickness』によると、瞑想の達人20人の脳をMRIで撮影したところ、前頭前野の背内側前頭前野と島の2カ所の組織が厚くなっていたという。いわゆる第三の目と呼ばれる、額の中央の裏あたりだ。

 背内側前頭前野は客観性を生み出す部位だ。島は身体感覚を最後に統合する部位であり、体の情報は脳の各部位で処理され、その情報が島で統合される。島は扁桃体につながり、情動を生み出す。

 経験は物理的に脳を分厚く成長させ、機能を強化させるのだ。そしてマインドフルネスは、身体感覚を客観的にとらえ、情動と身体性を一体化させるように脳の形を変えてしまうのである。

 権力や金銭を持つ、いわば欲の塊のような人間たちの間にマインドフルネス瞑想が広がることで、世界の在り方が多少とも良く変わるのであれば、どんどん瞑想していただきたいと思う。観察する主体としてのみ自らが存在する、それがヴィパッサナー瞑想の極致であり、目指すのはすべての欲を捨て去った丸裸の人間の姿だからだ。
(文=川口友万/サイエンスライター)

※画像は、『TIME』"The Mindful Revolution"

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月2日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。