高1、母・祖母殺害事件と類似! テストの点が理由で親を殺してしまった、明るい少年

高1、母・祖母殺害事件と類似! テストの点が理由で親を殺してしまった、明るい少年
拡大する(全1枚)

 今月18日、「ゲームのやりすぎを怒られ、カッとなった」ため、母親(50)と祖母(81)を包丁で殺害したとして、横浜市戸塚区の高校1年の男子生徒(15)が殺人容疑で逮捕された。男子生徒は調べに対し、「勉強するよう注意された」と供述している。

 この事件と似た動機で、優秀な少年が、祖母と母親、父親まで殺した事件が昭和63年に起きている。刃物で受けた祖母の創傷は、51カ所。母親の創傷は、64カ所。父親の創傷は、33カ所に上った。

「太陽のように明るい少年だった」
「あの子が親を殺すなら、うちの子だってやりかねない」

 少年の同級生の母親は、そう語った。14歳の少年はサッカーが好きなスポーツマン。明石家さんまに憧れていて、周りを笑わすのも得意だった。

 少年が通う目黒区の中学校は、慶応や戸山、新宿高校に生徒を多く送り出す、都内有数の進学校だ。少年は2年生だった。

 しかし、事件の2カ月前の5月ごろから、少年のジョークはブラックになっていた。

「タレントの南野陽子と性交したい」

 それだけなら、中学男児の言いそうなことである。笑う友人に、彼は続ける。

「このまま童貞で終わるのは残念だから、憧れの女とやって死ぬ」

「なんでお前が死ぬんだ?」

「生きていて、何の楽しいこともない。勉強勉強と口やかましい親から逃げるには、自殺するしかないよ」

「どうやってナンノにやらせてもらう?」

「レイプしか方法はないだろうが、ブスと10回やるよりは、憧れの女と1回やって死ぬ方がましだ」

「でも、自殺することはない」

「レイプで警察に捕まったら、家族に迷惑がかかる。俺が死んでしまえば平気だ」

「ふーん。りっぱな心がけだ」

 ジョークと思い、友人は笑った。気の知れた少年同士なら、よくあるやり取りだろう。だが、少年は追い詰められていた。

 少年の1年の時の成績は、280人中の120位。これを見て両親は、2年で2桁の順位、3年で50以内を目指せ、と命じた。そして、2年生になった時に、少年は両親と協定を結び、3教科で平均点を下回ったら、1教科ごとに小遣い1000円をカットされることになった。

 友人と会話をしたのは、中間テストの最中。テストの結果、数学は29点しか取れず、小遣いカットは必至だったのだ。

 そして7月1~3日の期末テストでは、数学は5点、国語も英語も平均点を下回った。小遣いは3カ月分カットされることになる。

 少年はまた、友人に話す。

「南野陽子のレイプは、7月11日に決行する。この日はマンションにいるようだ」

「それが終わったら自殺する?」

「テストの結果がよければ、レイプも自殺も中止するつもりだったが、最悪だから決行するしかない」

 この頃、ほかの友人には「40万円の報酬で、親を殺すのを手伝ってくれ」と言っている。

「親殺しを決行する。母親にがみがみ言われ、父親にげんこつを食わされ、俺の未来はない」

「40万円、キャッシュでくれるのか?」

「心配するな。それくらいのキャッシュは、いつも家にある」

 もちろん友人は、冗談だと思って笑った。

■事件当日

 7月7日午後11時半頃。布団の中に入っていた少年の部屋に、酒を飲んで帰ってきた父親(44)が入ってきた。

「数学の点数は何というザマだ。国語も英語も平均点を下回ったんだろう」

 くどくどと説教を続けて父親は出ていったが、少年はいらだって眠れなくなる。

 日付の変わった午前1時半頃、冷蔵庫から取り出した麦茶を飲んでいると、足音を聞きつけた母親(40)が言った。

「泥棒かと思ったじゃない。早く寝なさい」

 少年は母親に言った。

「お母さん、お腹が痛い。百草丸を飲みたい」

「寝てれば治るわよ」

 母親ならお腹でもさすってくれるものではないか、と少年は哀しくなる。

 午前4時半頃、両親の寝室に入っていった少年は、金属バットを寝ている母親の頭に振りおろした。母親の上げた悲鳴で飛び起きた父親が、少年から金属バットを取り上げる。いったん引き返した少年は、肉切り包丁を持ってきて、父親を正面から刺した。騒ぎで起きてきた祖母(70)にも、少年は包丁を突き立てた。

 朝になって少年は友人と会い、「親を殺した」と言った。信じようとしない友人を家まで呼んで現場を見せている。驚いた友人が教師に相談、警察に連絡が行った。

 午後2時50分、自宅近くの駐車場にいるところを、少年は捜査員に見付けられた。バッグの中には、肉切り包丁の他、南野陽子主演のテレビドラマ『熱っぽいの!』が入っていた。殺害の時から朝まで、見ていたのだという。

 警察での事情聴取では、素直に犯行を認め、少年は午後3時53分逮捕された。
(文=深笛義也)

※画像は、U.S. Army /Army Photography Contest - 2007 - FMWRC - Arts and Crafts - Without a Face, a portrait of the Soul From Flickr CC BY 2.0

編集部おすすめ
TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク