世界各国の空に鳴り響く、恐ろしい爆音「アポカリプティック・サウンド(終末音)」の謎!!

世界各国の空に鳴り響く、恐ろしい爆音「アポカリプティック・サウンド(終末音)」の謎!!
       

 昨今、空から恐ろしい音が鳴り響くという不思議な現象が世界各国で頻発していることをご存知だろうか? 偶然にもその瞬間を撮影することに成功した人々が、相次いで動画を「YouTube」などに投稿したことで、この異様な事態が広く認識されるようになり、各方面に波紋を呼んでいるのだ。

【動画はこちらから→http://tocana.jp/2015/05/post_6456.html】

 問題の音は、まるでトランペットなどの金管楽器を全力で吹いたかのような、耳障りな大音響。ホラー映画のワンシーンが脳裏をかすめるほど、おどろおどろしい異様な気配も醸し出している。そして撮影者たちは一様に、これは単なる騒音ではなく、周囲でも多くの人が聞いていると口を揃える。

 神の啓示、地球の悲鳴、エイリアンからのメッセージ、気象兵器HAARP――などなど、現在その原因をめぐり各国のメディアではさまざまな憶測が飛び交っている。また、新約聖書の『ヨハネの黙示録』には、天使がラッパを吹き鳴らして「最後の審判」の開始を告げるとの記述もあるため、謎の音はしばしば「アポカリプティック・サウンド(世界の終末を告げる音)」とも称される。

 この数年の間にアメリカ、カナダ、オーストラリア、英国、フランス、スペイン、デンマーク、ノルウェー、ポーランド、ギリシャ、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、ブラジル、そして東京など、ほぼ世界全域で確認されている「アポカリプティック・サウンド」。先月4日には、ドイツでも発生した。

 なお今月17日、英紙「METRO」がNASAの見解を報じている。それによると、謎の音は大気中の放電現象に伴い発生する電磁波(空電)が原因である可能性が高いという。ほとんどの場合、私たちがその放電現象に気づくことはないが、あらゆる場所で常に発生しているもののようだ。しかしNASAの見解が正しいとしても、このように耳で聞き取ることができるケースが頻発しているのは、やはり地球で何らかの異変が起きているためではないか?

 ほかにも、地球のプレートが動くことで摩擦が生じた結果であると考える科学者もいるようだが、その場合、謎の音がプレートの境界から遠く離れた地でも確認されている事実を、一体どのように説明できるのだろう? いずれにしても、「アポカリプティック・サウンド」発生のメカニズムが検証された訳ではなく、ハッキリしたことは誰にもわからないというのが現状のようだ。

 果たして、「アポカリプティック・サウンド」発生の裏で、人類が想像もしなかった事態が進行している可能性はあるのか? すべての真実が明らかになる日は、いつになるのだろう。

※画像は「YouTube」より

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。