ホラー映画『ムカデ人間』は再現可能か? 医師が徹底検証!

ホラー映画『ムカデ人間』は再現可能か? 医師が徹底検証!

 「サイコホラー」映画の中でもとりわけグロテスクで人気の映画『ムカデ人間』。"人間の口と肛門をつなげてムカデのようみせる『ムカデ人間』を作る"という内容の問題作だ。

 8月22日に第三作目の公開が予定されているこの『ムカデ人間』が、実際に実現可能かについて、現役の外科医が医学的見地から考察した結果が医療系メディア「Medical Daily」(5月20日)に掲載された。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2015/06/post_6597.html】

■狂った外科医の妄想でしかないのか? 実現の可能性は?

 ムカデ人間の構造「肛門と口を手術でつなぎあわせ、先頭の者が飲食をした分の排泄物が次の者の口に入り、その後ろの者にも同じく排泄物が入る...」は果たして可能か?

 まず、ムカデ人間の作り方(手術方法)から追って説明していこう。

1. 膝蓋靭帯という膝関節の安定性を保つ靭帯を切断する。→歩行はもちろん曲げ伸ばしが不可能となる。
2. 先頭の者以外の2人から中切歯(前歯)と犬歯を取り除き、さらに唇は皮膚と粘膜の境界で切除。
3. 顎からほまでV字に切り込まれ、前の者の肛門へと繋がれる。

■糞尿を食べる→細菌感染から敗血症に

 さてこのプロセスにおいて最も懸念すべき点は「糞尿を口にすること」である。糞便には感染性のある細菌が含まれているため、傷がつけられた直後の顔や肛門に糞が付着することは深刻な敗血症(細菌感染症が全身に波及した重篤な症状、多臓器不全などから早晩死に至る)を引き起こす可能性が高くなる。

「細菌が血液にのって全身をめぐるなかで、最も影響を及ぼすのは言うまでもなく脳です。繋がれたムカデたちは考えることもままならなくなり、脱出を計画するどころか、命令に従うことすらできるかわからない」と、元メイヨ―クリニック内科医のルイーズ・スチュアート・オーウェン博士は説明している。

 またイギリスの医者フィリップ・コークレー博士は、「すべての人間は本能的にどんな糞便でも吐き出すようになっている。これは喉元で強制的に起こることです」と解説。

 オーウェン博士も「吐きたいのに吐けない、つまり行き場を失くした嘔吐物(胃酸と糞便)は、呼吸困難と肺炎を引き起こすでしょう」と説明する。

 ムカデたちの中には泣く者もいるだろうから、嘔吐と号泣で鼻腔がつまり、呼吸困難を起こすというのだ。

 これらの症状にもがくムカデ人間たちは、自分たちが医療用のステープル(外科手術の縫合などにもちいる医療用ホチキス)で繋がれているにもかかわらず太ももや腕を大いに動かして逃れようとするため大量の出血を伴うことになり、これが死ぬまで続くことになる。

 というわけで、これらの医学的見解から総括すると、ムカデ人間をつくることは不可能であるということだ。少々残念(?)だが、これしきのことで、人間の欲望と残虐な好奇心を満たすこの名作のファンは減らないだろう。シリーズ3作目となる『ムカデ人間3』ではどのようなドラマが生まれるのか、楽しみである。
(文=ODACHIN)

※画像は「YouTube」より引用

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ホラー映画『ムカデ人間』は再現可能か? 医師が徹底検証!」の みんなの反応 2
  • いや無理 通報

    いやこういう話ってはじめって知ったキモいです

    1
  • ららぽーと 通報

    吐き気が...

    1
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月13日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。