先住民の遺跡か、宇宙人の仕業か!? 岩肌に浮かび上がった巨大な"顔面"!!=カナダ

先住民の遺跡か、宇宙人の仕業か!? 岩肌に浮かび上がった巨大な"顔面"!!=カナダ

 カナダ南西部・ブリティッシュコロンビア州にあるバンクーバー島は、無数の入り江を持ち、周囲を小さな島々で囲まれていることから、ホエールウォッチングや釣り、カヤックなどのレジャーが盛んな地域として世界的に有名だ。そんなバンクーバー島の近海で今、驚くべき発見があったとして海外メディアが沸き立っている。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2015/06/post_6688.html】

 手つかずの自然が残る小さな島の岩肌に、ハッキリと刻まれた何者かの"顔"――! 半分は木で隠れているが、眉をひそめた不機嫌そうな表情を読み取ることができる。一体誰が、何のためにこのように巨大な顔面を崖に彫ったのか? いや、そもそも写真は本物なのだろうか!?

 カナダ「CTV NEWS」が今月22日に報じたところによると、不思議な顔面の存在が確認されたのは、ブロークングループ諸島に属する小さな島、リークス島だ。撮影者は、現地の先住民族チェシャートの血を引くハンク・ガスさん。自治政府の職員として働く彼は、この2年間、不思議な顔面の探索に力を注いできたという。

 というのも今を遡ること7年前、現地でカヤックを楽しんでいた女性が偶然それを目にし、カナダ政府に写真とともに報告。国立公園管理組織である「パークス・カナダ」とチェシャートの自治政府が調査に乗り出したものの、場所を特定することができず迷宮入りとなった経緯がある。しかし不思議な顔面の存在を信じ、あきらめずに追い続けたハンクさんによって、ついに詳細な位置が判明したというわけだ。

「海から本当によく目立ちました。とっても大きいんです。(断崖絶壁にあるため)あの場所に実際に足を踏み入れるのは、至難の業です」(ハンクさん)

 彼によると、謎の顔面は先住民の間で伝わるUgiと呼ばれる存在にソックリであり、また息を吹きかけるように唇を細める様子も、風を司るという特徴に一致するらしい。今回の発見を受け、「パークス・カナダ」と自治政府は再調査を開始する予定だ。

「この顔が、これほど魅力的に見えるのはなぜなのでしょう」
「本当に大きな発見です。ブロークングループ諸島を訪れる人々にインスピレーションを与えるものとなるでしょう」(パークス・カナダ、アラン・ラトゥーエル氏)

 現在、海外ネットユーザーの間では、顔面の正体をめぐり議論が紛糾している。「先住民の手によるもの」「単なる侵食と風化」という意見のほか、「そもそも写真はフェイク(偽物)」さらには「高度な文明を持った宇宙人の仕業だ」というUFO研究家の意見まで飛び交っている。

「自然の造形でも、人間の手によるものでもいいのです」
「私たちの土地へと足を運んでくれる人とシェアするのにうってつけの話題ですよ」

 ハンクさん自身はこのように語り、先住民たちの土地が世界中の注目を集めている現状に喜んでいる模様だ。今後の調査によって、どのような事実が明らかになるのか、続報を楽しみに待とう。

※画像は「CTV NEWS」より引用

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2015年6月24日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。