【戦後70年】太平洋戦争中の日本兵が遭遇したUFOがヤバすぎる!! オレンジ色した球体の群れに追いかけられ......!

【戦後70年】太平洋戦争中の日本兵が遭遇したUFOがヤバすぎる!! オレンジ色した球体の群れに追いかけられ......!
拡大する(全1枚)

 今年もまた、8月15日がやってきた。70年前のこの日、昭和天皇の玉音放送によって日本の降伏が国民に公表された。厳密に言えば、一部前線ではそれ以後も戦闘が継続し、また連合国との戦争状態が法的に終了するのは1951年のサンフランシスコ平和条約の調印を待つことになるが、日本では以後8月15日を終戦の日とし、毎年各地で記念行事が行われている。あらためて戦火の犠牲となった人々のため祈りを捧げたい。戦後70年間、日本は直接戦火に巻き込まれることなく、平和を謳歌してきた。このことは、戦乱にまみれた人類の長い歴史の中でも奇跡的なことと言えよう。

 他方、UFO目撃について言えば、平時であれ戦時であれ常に報告されている。UFOの存在が公式に認知されたのは、1947年の「ケネス・アーノルド事件」以来のことであるが、奇妙な飛行物体は、古代エジプトの時代からほとんど絶え間なく目撃されてきた。それは、第二次世界大戦中の日本でも例外ではない。ただ、この時期の目撃報告は記録に残るものが非常に少ないのが実情だ。何か奇妙な飛行物体を見たとしても、時節柄日本やアメリカの秘密兵器とみなすこともあっただろうし、目撃者のなかにも、自分の体験を語ることなく戦火の犠牲になった者がいただろう。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/08/post_7079.html】

■「日本宇宙現象研究会」が集めた戦中UFO目撃談

 それでも、「日本宇宙現象研究会」で研究局代表を務めていた故・池田隆雄氏は、日本の関連雑誌や研究団体の機関誌を読みあさり、いくつかの事例を収集している。

 たとえば1944年初秋、横須賀で加藤米二氏は、黒い葉巻型の物体が、長いオレンジ色の尾を引いて、波状飛行している光景を目撃している。当時、海軍航空技術廠(かいぐんこうくうぎじゅつしょう)に勤務しており、航空機には詳しいはずの加藤氏にとっても、これは正体不明の、文字通り未確認飛行物体であった。この年、同様の物体は豊後水道でも目撃され、さらに翌年には、岐阜県丹生川村や愛知県福江町で夜間に謎の光体が目撃されているのだ。

■「宇宙友好協会」が集めたフー・ファイターの事例

 他方、初期のUFO研究団体のひとつ「宇宙友好協会(CBA)」は、旧日本陸海軍兵士による「フー・ファイター」の目撃談を収集している。

 フー・ファイターとは、第二次世界大戦中に枢軸国や連合国のパイロットたちがしばしば目撃した謎の飛行物体で、直径数cmから数mまでの球形をしており、通常何個もの集団で現れる。これらの球体は当時の航空機の性能をはるかに凌ぐ高速で飛び回り、翼の近くに接近してまとわりつくのだ。このとき、航空機のエンジンに異常をきたすこともあった。

 その正体については、一部でナチス・ドイツの秘密兵器という説も唱えられたが、戦後になってドイツ軍のパイロットも似たような存在を目撃していたことが確認されている。そして「宇宙友好協会」の機関誌『空飛ぶ円盤ニュース』によれば、日本の陸海軍のパイロット多数も、同じものを目撃していたのだ。

 陸軍はこれを「火玉」、海軍は「火弾」と称したようだが、現場のパイロットたちは「シャボン玉」とか「空のクラゲ」と呼び、アメリカの新兵器だと考えたり、自分の目の異常ではないかと思っていたようだ。いずれにせよ彼らは、戦後アメリカ軍のパイロットも同じようなものを見ていたことを知って驚き、またUFOという存在が広く知られるようになると、自分たちが見たものもそれだったのかと納得したようである。

【フー・ファイター目撃談】

・ 零戦のパイロット
 さて、『空飛ぶ円盤ニュース』1964年2/3月号によれば、フー・ファイターらしき謎の飛行物体は、太平洋戦争の初期から、しばしば第一航空艦隊(南雲艦隊)につきまとっていたという。時期的には1942年頃のことと推定されるが、ある零戦パイロットは、乗機の翼の近くにぴったりと寄り添うように飛行する謎の飛行物体を目撃した。当時、世界最高であった零戦の運動性能を活かして振り切ろうとしても、物体は翼の脇に接近したまま離れなかったという。

・ 一式陸上攻撃機の射手
 また一式陸攻(一式陸上攻撃機)のある射手は、ソロモン海域上空で十数個の謎の球体と遭遇した。球体は銀白色で直径は80~90cmくらい、一式陸攻の後方上空200~300mを水平飛行していたが、やがて急速に上昇して消えた。

・ ビルマ戦線上空にて
 時期は少し後のことらしいが、ビルマ戦線上空では、100式司令部偵察機が一列に並んだ橙色の数個の球体に遭遇したことがある。100式司令部偵察機は時速600kmを超える、当時の日本軍最速のスピードを誇る偵察機であったが、高速飛行に特化するため一切武器を装備していなかった。そこでパイロットは、球体の群れが接近してくると高速で振り切ろうとし、さらに左右に翼を振って逃れようとしたのだが、球体も同じ動きをして離れなかった。結局球体は15分にわたって偵察機を追跡した後、これを上回るスピードで飛び去ったという。

・ B29の搭乗員、紫電のパイロット
 そして太平洋戦争も末期になると、日本を爆撃するB29の搭乗員がしばしばフー・ファイターを目撃した。そのB29を迎え撃った日本の海軍戦闘機、紫電の編隊もフー・ファイターに遭遇したことがある。その際は何個もの球体が現れ、子犬がじゃれつくように戦闘機の周りを乱舞した。何人かのパイロットは果敢に空中戦を挑んだが、フー・ファイターは近づくと突然垂直に上昇するという考えられない動きをしたため、照準に捉えることができなかった。あるパイロットは、上空から一気に急降下して10個近いフー・ファイターに突入しようとしたが、近づくと突然消えてしまった。そこで各機は基地に戻ろうとしたが、球体は再び姿を現して編隊の4、5メートル上を追尾した。かと思えば、突然高速で紫電の編隊を追い抜き、去っていったという。

 なお、厳密には戦時中ではないが、終戦翌年の1946年、作家の新田次郎氏が満州から引き上げる途中、中国東北部の老爺嶺にて「エンゼルヘアー殺人事件」とも呼ぶべき奇妙なUFO事件に遭遇している。いずれにしても、第二次世界大戦中の日本人が、その後UFOと名づけられることになる奇妙な飛行物体と頻繁に遭遇していたということは疑いようのない事実なのだ。

 最後に、今回『空飛ぶ円盤ニュース』の記事を参照するにあたり、日本最初の民間UFO研究団体である「日本空飛ぶ円盤研究会」の会員であり、数多くの超常現象関係の著作を持つ前衛科学評論家・斎藤守弘氏より貴重な情報提供を受けたので、この場を借りてお礼を述べさせていただく。斎藤氏は現在、古代の地球上各地に、北極宙域を神格化した「極孔神」信仰が存在したことを証明すべく、世界の古代遺跡や遺物に残されたメッセージの解読を進めておられる。その成果にも期待しよう。
(文=羽仁礼)

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月15日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。