【戦後70年】特攻作戦の考案者 ― 変人参謀・黒島亀人のゾッとするほど恐ろしい"奇策"!!

【戦後70年】特攻作戦の考案者 ― 変人参謀・黒島亀人のゾッとするほど恐ろしい"奇策"!!

 シャーロック・ホームズや古畑任三郎など、フィクションの世界では、人並み外れた天才はしばしば変人として描かれている。だが、我が国の太平洋戦争下において、まさにそんな架空の天才のような人物が実在したことをご存知だろうか? その男こそ、周囲から「変人参謀」「奇人参謀」と呼ばれ、奇策を次々と考案していった黒島亀人(くろしま かめと)だ。

■海軍内でも異端の存在

 大日本帝国海軍に所属し、連合艦隊司令部の先任参謀だった黒島。山本五十六長官の信任も厚く、長官の意を受けて真珠湾攻撃やミッドウェー海戦を立案した実績の持ち主だが、その生き方はまさに変人そのものである。

 旗艦『長門』において黒島は、日夜自室に籠って作戦の想を練っていたというが、「部屋の中には書類やゴミが散乱」し「煙草やお香によって常に強烈な異臭を発して」いたそうだ。

 また、身なりにも無頓着な黒島は、ほとんど風呂にも入らずに「裸同然の姿で艦内をうろつく」ため、これらの振る舞いは軍律の厳しい戦艦内においてしばしば批難の対象になっていた。しかしその度に山本長官が黒島を庇っていたというから、どれほどまでに黒島の発想力が期待されていたかが伺える。

■"特攻隊"の考案

 批難を浴びながらも、常人には考えもつかないような作戦を次々打ち出し一定の名声を勝ち得ていった黒島だが、山本というブレーキ役の戦死により、その発想は暴走を始めていく。

 1943 年 7 月、軍令部第 2 部部長に就任した黒島は、海軍首脳会議の席において、必死必殺の戦の手段として、戦闘機による衝突撃の戦法を挙げた。これが、結果的に 9,500 人以上もの若者の命を奪うことになった、史上最も非道な作戦ともいえる"特攻隊"の始まりである。特攻作戦の発案者をめぐっては、大西瀧治郎中将が「特攻の生みの親」として知られているが、実はこの黒島が発案者だという説も根強いのだ。

 続いて翌年 3 月、黒島率いる軍令部第 2 部は、その他の特殊奇襲兵器についても試作方針を決定。その後、人間魚雷である『回天』、可潜魚雷艇『海竜』、船外機付き衝撃艇『震洋』、特攻部隊用兵器『震海』といった兵器が試作され、『回天』『震洋』は実戦においても相当数が使用された。名前こそ聞こえはいいこれらの兵器だが、隊員と共に自爆する想定で開発されたため、その造りはずいぶん祖末なものだったという。

 そして同年 10 月、レイテ沖での海戦において『神風特別攻撃隊』の出撃命令が発令され、特攻攻撃がついに開始されてしまうのだった。

■人間機雷『伏龍』の酷すぎる作戦

 黒島は、隊員たちが次々と犠牲になっても尚、「一億総玉砕」の精神を唱え続けて特攻作戦の手を緩めることはなかった。しかし、主に航空機によって繰り返された特攻作戦は、次第に特攻に使う航空機自体が不足し、余剰人員が生じてしまう。その人員を「有効に活用する」ため、次に黒島が考案したのが、人間機雷『伏龍』だ。ゴム服と潜水兜を身につけて海底に潜んだ兵士が、棒付きの機雷で敵艦底を突いて自爆する、という黒島らしい独創的なアイデアから生まれた戦法であったが、その実態はまたしても酷いものだった。
 潜水兜のガラス窓からは足下しか見えず、陸上との通信手段もない。また、頭上を船が通っても棒付き機雷の柄は 2m の長さしかないため、船底を突くのは事実上不可能。最大の欠陥は呼吸のために装備された潜水缶で、3~4回も呼吸をすれば炭酸ガス中毒で失神、缶に水が入ると高熱のガスによって肺が焼けて死ぬというお粗末ぶりで、訓練中だけで数十名にのぼる殉職者を出してしまうのだった。

 これらの要因から『伏龍』の実戦配備は厳しいと見られたが黒島は引き下がらず、米軍の本土上陸に合わせて配備の準備を進めていた。しかし、幸いにも途中で終戦を迎えたため、とうとう『伏龍』が実戦に投入されることはなかった。

 終戦後は、顕微鏡を扱う『白樺商事』の常務となった黒島。晩年もその変人ぶりは変わらず、日々部屋に籠って哲学や宗教の研究に没頭したようだ。
だが、1 万人近くもの若者の命を奪うことになった狂気の作戦の考案者が、孫たちに囲まれて幸せに死んでいったというのだから、なんとも皮肉な話である。

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2015年8月16日のびっくり記事
「【戦後70年】特攻作戦の考案者 ― 変人参謀・黒島亀人のゾッとするほど恐ろしい"奇策"!!」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    戸塚校長に似てない?

    0
  • 匿名さん 通報

    誰がゾっとしたの?ねーねー誰がゾッとしたの??教えて。

    0
  • 匿名さん 通報

    想像しただけでゾっとしたぞ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。