【戦後70年】怪力光線、巨大モンスター...、戦時中に開発された「幻の兵器」ベスト3!
拡大する(全1枚)

 第2次世界大戦――。言わずと知れた人類史上最大の戦争であり、日本にとっては靖国問題など、この戦争に起因する近隣諸国との軋轢が今も取りざたされるなど、長く尾を引く問題となっていることは周知のとおりだ。そんな戦争時代、優れた性能で他国軍を圧倒した日本の「ゼロ戦」、現在の巡航ミサイルの始祖とも言えるドイツの「V1ミサイル」、そして広島・長崎に投下されて甚大な被害をもたらしたアメリカの「原子爆弾」......と、さまざまな兵器が開発され、使用されたこともよく知られた話だろう。

 しかし、それらの成功した兵器の裏で、計画こそされたものの、開発中止になり、幻に終わった兵器も人知れず存在している。今回は、そんな幻の兵器の中でも、抜群の知名度、そしてユニークさを誇るものを3つ紹介したい。

■く号兵器

 日本陸軍の研究機関である登戸研究所にて、戦局を一気に挽回する最終秘密兵器として、終戦まで研究されていたのが、この怪力光線との異名を持つ「く号兵器」である。研究に携わった山田愿蔵の手記によれば、「くわいりき(怪力)」の頭文字から「く号兵器」と名付けられたこの兵器は、「電波」「衝撃波」「サイクロトロンを使った放射線」の3分野から研究が進められていたが、途中で衝撃波と放射線は開発中止となり、強力な超短波を使った研究に絞られたという。これは、いわば現代の電子レンジのような、波長の短い電波を照射することで、物質の水分子を振動させ、摩擦による発熱を起こして殺傷するという原理の兵器であったと言われている。

 日本が本土爆撃を受けるようになると、登戸研究所は長野県各地と兵庫県下に分散して疎開移転することになったが、この「く号兵器」は、飛来するB29へ超短波を照射することでエンジンをストップさせるという目的をもってなおも研究が進められた。しかし、電力のコストなどさまざまな障害が立ちふさがり、結局、実験設備の建設中に終戦を迎え、実際に兵器として運用されることはなかった。

 戦中戦後、SF小説や子ども向けの雑誌などに、この「怪力光線」が取り上げられることも多かったが、当時は電波というものが未来を感じるものだったのだろう。そんな不確実なものにひたすらに開発を注ぎこむという事自体、ある意味では愚かしいように感じてしまうのだが、そんな未来の力に戦況の打破を託さざるを得ないほど、当時の日本が追い込まれていたという事なのかもしれない。

■ラントクロイツァー P1500 モンスター

 ナチス・ドイツが開発を検討した超巨大戦車がP1500モンスターだ。もともと、ひと回り小型のP1000ラーテの方が先に設計されたが、ヒトラーが興味を示したため、より巨大なこのモンスターが設計されることとなった。

 この巨大戦車シリーズを設計した重工業会社であるクロップ社が製作した口径800mm、使用する弾は7t、最大射程37kmという、こちらも化け物のような巨大さを誇るカノン砲、シュベーラー・グスタフ砲を搭載するための自走プラットホームとして設計されたモンスターは、ラントクロイツァー(陸上巡洋艦)の名に恥じない重量約1500t、全長42m、全幅18m、高さ7m、さらには250mmの車体前面装甲を搭載した、文字通りのモンスタータンクであったが、あまりに重量があるため、通過する道路を破壊する恐れがあること、サイズ的な問題で橋梁を通過できないこと、輸送手段が困難を極めるなど数々の欠点が発覚し、さらにはその巨大さゆえ、航空機の標的になりやすいなどのリスクも考えられたため、結局開発は中止された。

 デカければ強い! という実に単純明快な発想で設計されたであろう部分が、ロマンをくすぐる逸物である。

■氷山空母

 その名の通り、氷山を改造してそのまま空母にしようという奇抜な発想で、イギリス軍が開発を進めていた兵器。発明家のジェフリー・N・パイクによって考案され、海軍将校である貴族ルイス・マウントバッテンとパイクによって当時の首相であるチャーチルに提案された計画は、なんと全長約600m、全幅100m、排水量200万tの空母を、カナダから切り出した28万個の氷塊から作ろうというものだった。

 この氷山空母の利点は、損傷したとしても、海水を損傷個所に流し込んで凍らせることで手軽に修復できるという点であり、不沈空母と言ってもよいほどの耐久性を誇る。この開発計画は旧約聖書の中のハバクック書より名前をとって「ハバクック計画」と銘打たれ、イギリスだけではなく、アメリカ、カナダも参加する一大プロジェクトとなった。後に、溶けにくさと耐久力を増すため、同じくパイクの考案したパイクリート(水86%、おがくずなどのパルプ14%を混合して凍らせたもの)を原料に用いるという変更がなされ、氷が溶けるのを防ぐため内部に冷凍機室を作り、船舶全体を冷却するなど、かなり具体的な部分まで構想が進み、1943年にはカナダ・アルバータ州のルイス湖やパトリシア湖で試作船による実験が行われた。しかし、当初の予定であった氷山の流用ではなく、材料や建造施設が必要な上、凍らせるコストまでかかるパイクリートを原料にしたため、実際に作る場合は莫大なコストが必要と言う事実が発覚。さらに、レーダーなどの技術の進化や、海戦における優位性の確保という事態も重なり、氷山空母の必要性が薄くなった中、すべての計画は中止に追い込まれた。

氷を戦艦にして回復可能な不沈艦を作る――。その奇抜なアイデアは、後世の人々のインスピレーションを大いに刺激したようで、日本においても、伊吹秀明の著した『氷山空母を撃沈せよ!』(徳間書店)を筆頭に小説の題材となったり、『鋼鉄の咆哮』シリーズなど、第二次世界大戦を扱ったゲームにも数多く登場する。

 いかがだろうか。各々、計画段階で中止になるだけの理由がありながらも、何故か魅力を感じてしまうのが不思議である。これらの兵器が発案された背景には、戦争の真っ只中であり、何かしら斬新な兵器を作成して戦局を大きく有利にしたいと考えていた各国の状況や、現代に比べてこうした兵器の運用上のセオリーが不足していたという部分があるだろう。

 しかし、アメリカが1990年代に"強力な催淫物質を透過することで、完全に非殺傷ながら敵国の兵士を無力化する"という荒唐無稽なコンセプトの「ゲイ爆弾」なる兵器を開発しようと画策し、「そのような催淫物質が現状発見されていない」......という理由で頓挫したという事実がNGOの情報公開請求により明らかになるなど、現代においてもこうした幻の兵器に関するエピソードは後を絶たない。国を守る力を養うため、叡智が結集する兵器と言うジャンルの中で、時折生まれてしまうユニークな徒花。これからも、様々な斬新すぎる兵器が発案されては、日の目を見ることなく消えていくことだろう。
(文=阿佐美UMA)

※画像は、Wikipediaより引用