【池袋暴走事故】てんかん患者の交通事故リスクは本当に高いのか? 最新研究は驚きの結果を示す

【池袋暴走事故】てんかん患者の交通事故リスクは本当に高いのか? 最新研究は驚きの結果を示す

 今月16日の夜、東京・池袋で乗用車が暴走して歩行者5人が死傷するという悲惨な事故が発生した。逮捕された医師・金子庄一郎容疑者(53)には、てんかんの持病があり、治療を受けていたことが判明している。

 事故との因果関係は今後の捜査を待たなければならないが、てんかんの患者が運転中に発作を起こして交通事故に至るケースはしばしば報道で大きく取り上げられるため、社会には「てんかん患者からは運転免許を剥奪すべき」「てんかん患者は事故予備軍」との極端な意見も散見される。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/08/post_7104.html】

■てんかん患者と交通事故リスクの真実とは!?

 しかしこの点について、科学は客観的な視点にもとづき冷静な判断を下している。今年5月7日、学術誌「Epilepsy & Behavior」上に発表されたホフストラ・ノースショアLIJ医科大学(米・ニューヨーク)のPuja Appasaheb Naik博士(精神神経学)らの研究は、てんかん患者であるドライバーの方が一般ドライバーよりも高い交通事故リスクを示すと断言することはできないと結論づけているのだ。さらに驚くべきことに、糖尿病や心臓病を患っているドライバーのほうが、てんかん患者のドライバーよりも交通事故のリスクが高い可能性もあるという。

 研究グループは、世界最大級の医学文献データベース「PubMed」で1996年以降に発表された、てんかん患者と交通事故をテーマとする8件の研究について精査した。すると、そのうちの2件において、「てんかん患者の交通事故率は一般ドライバーよりも低い」ことが判明。もっとも3件においては、その逆を示していたものの、さらに残りの3件では、そもそも「てんかんの発作が原因である交通事故は2,800件につき1件」と稀であり、死亡事故の発生率を見れば、「他の疾患(糖尿病や心臓病など)に起因するものは26倍」、「アルコール中毒に起因するものは156倍も高い」ことが明らかになっている。

 これらの分析結果を受けて研究チームは、てんかんと交通事故に関する調査には方法的差異が存在していることを指摘、今後はより正確なリスク算出方法の確立が求められるとしている。つまり現段階において、てんかん患者の交通事故リスクが高いと決めてかかることは早計であり、より厳密な調査が求められている、といわけだ。

「てんかんと運転については、さまざまな議論が渦巻いています。しかし、何ひとつ正確な証拠に基づいた議論ではないのです」
「患者が運転しても問題ないのか、それとも運転すべきではないのか、示すものは何もないといってよいでしょう。患者にとって極めて深刻な問題です」(Puja Appasaheb Naik博士)

 医学的知識が乏しい時代、てんかん患者は「(邪悪な存在に)憑依されている」と誤解され、差別の対象となってきた過去もある。その一方、歴史的偉人や芸術家、著名人などがてんかんを患っていたケースも多い。21世紀の現代、大部分のてんかん発作は薬によって抑えることが可能となっているが、社会に目を向ければ、今でも私たちはこの病気について正確な理解を有しているとは言えないようだ。

※画像は「ANNnewsCH」より引用

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月18日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。