【ドヤ街レポート】7年間山谷を撮り続けた写真家が見た「小便の雨」

【ドヤ街レポート】7年間山谷を撮り続けた写真家が見た「小便の雨」

■7年間山谷の写真を撮り続けた写真家が見た パラダイス底辺

 山谷、僅か約1.65k㎡程度の小さな区域に簡易宿泊所が密集する、大阪の釜ヶ崎、横浜の寿町に並んで日本三大ドヤ街のひとつ。ドヤとは宿(ヤド)とも呼べぬほど祖末なものであるという差別的な呼称であり、最近では簡易宿泊所、略してカンシュクなどと言うこともある。かつて日雇い労働者の街として知られた山谷も、時代の変化や高齢化によって、福祉の街へと変わり、今や「看護の街」とすら言われるようになった。私は写真家として、2006年から7年間、山谷で帳場の仕事をしながら移り行く山谷のあり様を見つめてきた。

 もちろんそこには厳しい現実もあるが、世間の抱く山谷へのイメージとは違う側面はあまり知られることはない。それは60年代に始まった山谷闘争という暗い歴史のイメージが強過ぎるからであろう。山谷にはかつての残り香と、時代の波に飲み込まれながらも右往左往する人達のドラマがある。それは、見方を変えればパラダイスでさえあるのだ。

■山谷には何か異物を引き寄せる何かがある?

 これはテレビの影響だと思うが山谷というと「あそこは外国人が泊まるって本当なのですか?」と言った趣旨の質問をよく受ける。まぁ確かにバックパッカーを対象とした宿もでき始めているのでそれは間違ってはいないが、実際はほんの一部の話であって、山谷の宿すべてがそうだというわけではまったくない。

 もともと海外のバックパッカーが増えたのは2002年のワールドカップがきっかけで、その後徐々にニーズに合わせ、外国人に対応した宿が増え出し、今や20軒くらい。山谷の旅館組合(城北旅館組合)でも一時期タイのバックパッカー街カオサンにちなんで「山谷カオサン化計画」で街を盛り上げようとしたみたいだがいつのまにか頓挫したみたいだ。

 私が働いていた宿は、3割ほどが外国人客だったし、一般のビジネスマンや地方からの就活生も来ていたので比較的テレビのイメージに近い宿であったのかもしれない。毎年海外からの宿泊者は国別に人数を浅草警察に提出するのだが、2009年の数字で146カ国から色々な人が来ていた。ここ最近は上野や浅草といったよりアクセスのいい場所に大型の外国人をターゲットにした宿が増え、山谷に流れるバックパッカーも減ってきている。

 しかしここは山谷、どういうわけだがオリジナリティあふれる人が多いのだ。ひょっとしたらこの土地自体にそういう人を惹きつける特殊な磁場でもあるのではないかとさえ疑ってしまう。外国人が増えたから山谷が変わったかと思えば、そうにもならないのがオカシイところである。山谷は世界共通のパラダイスなのだ! 今回は私が実際に出会ったおかしな外国人達の一部を紹介しよう!

■北海道にワイフを残して

 バックパッカーという形ではなく、長期滞在する海外の方もいる。彼はちょっとウエスト周りがきつそうなことを除けばビシっとしたスーツにウォール・ストリートを歩いていそうなビジネスマンといったいでたちだ。

 カナダ出身で、外資系会社で営業をしていることもあり日本語の方もかなり達者だ。彼は長期出張のたびに山谷の宿をビジネスホテルとして使い、長いと1年程泊まることもあった。うちの宿は山谷価格にしてはちょっと高い一泊3,000円。とはいえこれは建前上でだいたいが2.800円でやっていた。彼の場合は長期ということで2.500円までまけていた。とはいえこれで一月7万5000円なのだから他にもっと安くすませる手段はありそうなものだが、諸々の手続きを考えると山谷のほうがいいのだという。山谷は色々と割高なのだ。朝7時には宿を出て夕方遅く帰ってくるといった日本のサラリーマンのような生活スタイル。

 宿に帰るとステテコのようなちょっとだらしのない格好でラウンジでビールやらワインを飲んでいた。

「ワタシはね、ワイフが北海道にいてね、娘もいるんです。でもジョブの関係でこっちに来ているのでーす。ワタシは凄いビジネスマンなんですよ。ハッハッハッハッ......」

 と、酔うとやけに絡んでくる。

「ヨシワラ行きたいけど高いです、でもいきたい、いきたーい!」

酒が入っていないとキリッとした鋭い目つきなのだが、どうしてこうも人がかわるものかねと感心してしまう。

■変わらない枕カバー、突如起きた異臭騒動

 布団は持ち込みなんて宿も見たことはあるが、たいていの宿は週一で布団と枕カバーの取り換えを行う。客のためでもあるし、宿としてもあまり布団を汚されると次の客に使えなくなるという事情もある。
その曜日になると皆ドアの前にたたんで一式置くことになっているのだが、どうしてか彼が出すシーツは交換したてのように真っ白なのだ。これが1カ月程度滞在する客であれば交換するのが面倒くさいのかと済ませてしまうが、宿としても長く交換されないと布団が汚れて業者に頼んで交換しないといけないのでオーナーはさいさん「古いシーツを出すように」と注意していた。

 それでも言うこと聞かない彼にオーナーと彼の部屋に行くと、真っ黒な布団カバーがひきっぱなしの布団に乗っていた。部屋はゴミ屋敷のように荷物が散乱していてとても「できるビジネスマン」といった感じではない。そう、かれは「相当な面倒くさがり屋」だったのだ。

 その頃である、我が宿で異臭騒動が起き始めたのは。山谷のドヤは帳場さんが住み込みで働くことが多いので、受付の後ろは普通の居住空間になっているのが往々だ。私の宿は台所含め6畳の部屋が3つあって十分に家族で暮らせる広さがあった。24時に帳場のシャッターを閉めると、釣り銭の確認などをして朝までは一番奥の和室に布団を敷いて寝るのだ。しかし、ある頃からものすごい異臭がどこからともなく入ってくるようになり、とてもじゃないけど寝ていられない異常事態が発生。スタッフは皆困惑し、原因はなんだろう、猫のおしっこではないか、なんか下水管が詰まっているのでは? となかなか真相にたどり着くことが出来ず2カ月ほどたった。

 その間、あまりの悪臭に私は、フロントの机の下に潜って寝たこともあるほどだ。だが、おかしなことに雨が降ると臭いが落ち着く、どうにも野良猫の仕業なのではないかと色々仕掛けを作ってみたがやはり天気が続くと臭いが出てくる。

■山谷に小便の雨が降る

 ある静かな夜だった。帳場に座っていると、奥の部屋から「ジョボジョボボ」と何か水を上からまいているような音が聞こえてきた。なんだろうと思い網戸をあけると「雨?」という具合に水が上から降っている。 梅雨時、雨が降ってきたのかと手を出してみると、ぎょぎょ、とんでもなく臭い雨なのだ。いや、雨ではない、これは間違いなく人間の小水である!

慌てて上に向かって「コラ、何をしているんだ!」と言うと、さっと物陰が部屋に消えたのが見えた。手を洗いつつあそこの部屋の上は......と考えるとあの面倒くさがり屋のビジネスマンの部屋だったのだ。

 確たる証拠を抑えるためにオーナーに小便の雨の話をし、彼の部屋を留守中に見てみると、大きなペットボトルに黄色い液体が......。

 開けてみると間違いなくオシッコをここにためていたことがわかる。彼の部屋からトイレはかなり近い部屋だというのにモノグサにも程がある。彼に問い詰めると素直に白状し、清掃代を支払うことになった。それ以後、彼が泊まりにくることはなかったが、今でも手にかかった彼の小便のことを考えただけで気分が悪くなる。もしあの時顔を出していたら......、もう書くのはやめよう。

 山谷は国籍を通り越して同じような人種を集める磁場が存在しているとしか思えない。しかし最近その磁場も薄まっているのか、山谷を案内して欲しいという人を山谷の真ん中当たりまで連れて行っても気が付かないということがある。以前は誰に何をいわれなくてもその圧倒的な威圧感からすぐに察することができたというのに。女子高生が山谷を歩くのも珍しいことではなくなった。だからといってここがありきたりの街になるとも思えない。 
(写真・文=新納 翔)

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。