凄惨すぎるヤクザたちの争い3選!! ノンフィクションライターが選出

凄惨すぎるヤクザたちの争い3選!! ノンフィクションライターが選出

 毎年10月末のハロウィーンに、神戸市灘区の山口組の総本部では、訪れてくる子どもたちに菓子を配っていた。だが、今年は、「諸般の事情により」行わないとのこと。

 山口組は日本最大の指定暴力団。8月下旬に、直系13団体の組長が離脱し、新たに神戸山口組を結成して、分裂した。すでにピストルの発砲があり、小競り合いも起きている。そうした抗争に子どもたちを巻き込んではいけない、という配慮からの、菓子プレゼントの中止だ。

 確かに過去の暴力団の分裂では、双方に死者が出て血で血を洗う抗争になった。また無関係な市民が巻き添えになったケースも数え切れないほどある。だが、警察庁は大規模な抗争には至らないだろう、という見方を示している。というのも、平成4年に施行された暴対法(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律)によって、下部組員による犯行でも、組長の責任が問われるようになったためだ。分裂したどちらの組も、「抗争は厳禁」のお達しを出している。それでも、幹部が逮捕される事態になっているのが今回の騒動だ。

【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2015/10/post_7733.html】

 さて、暴対法によって、これまでの暴力団の活動もしづらくなっている。暴力団に詳しい多くの識者は、抗争に発展するのではなく、暴力団の終息への転機となる分裂ではないかと見ている。

 当然のことながら、過去の暴力団による犯罪は枚挙にいとまがないが、今回はその中でも記憶に残る3事件を紹介しよう。

【CASE 1/手首ラーメン事件】

「手首ラーメン事件」が起きたのは、昭和53年である。住吉連合金子会内部の抗争。組長代行の地位と屋台の縄張り争いで、組内の幹部が幹部を殺した、暴力団内ゲバ殺人である。

 同年7月5日、警視庁赤坂署に組幹部が殺人容疑で逮捕された。自供から、兵庫県赤穂郡と岡山県和気郡の山中から、頭、胴、脚などバラバラにされた遺体が見つかった。遺体の背中に彫られた天女の刺青から、殺された幹部の遺体であることが確認される。だが、手首だけが、どうしても見つからなかった。

 後日、取調官に追求されて、容疑者である幹部は自供した。

「手首を残しておくと指紋から身元が分かってしまうので、手首は子分らがやっている屋台ラーメンのダシに使い、煮え残った骨は金づちで砕いて捨てた」

 これが報道されたため、都内の屋台ラーメン屋の売り上げは激減した。当然のことながら、自分は「手首ラーメン」を食べてしまったのではないかと疑心暗鬼に駆られた、ラーメン好きの人々も多くいた。

 そんな世間の憂いに対して、組幹部は取調官に語った。

「屋久-荒川土手-西日暮里のコースを流したがチャルメラは吹かず、お客にも"ネタがないので"と断った」

 世間に配慮した供述だろう。赤坂署はこれを、そのまま発表した。だが、暴力団担当の警視庁捜査4課は、異なる見解を示した。

「だって午後5時から9時間も屋台を引いて、1杯も売らなかったという供述を信じろというほうがムリじゃありませんか」

 確かに、このほうが理屈に合っている。証拠隠滅なら、どこかで煮るなり焼くなりすればいいわけで、売るつもりもないラーメン屋台を引いて回る必要もない。

 だがこれは、世間への配慮を欠いた見解発表だった。捜査4課には、ラーメン屋台の関係者からの抗議が相次いだ。街では、チャルメラの音がするだけで、窓が閉じられるという事態に。酔っ払いから、「今日は手首入ってないの?」「今度は、尾頭付きでやってくれよ」などとからかわれて結局売れずという、さんざんな状態になったのだ。

 10月、容疑者を起訴する時に、東京地検は「手首ラーメンは売られなかった」という公式見解を発表した。

【CASE 2/ブルースカイ事件】

 歴史を顧みるなら、今では暴力団と呼ばれている任侠団体が、全面的に悪だったかと言えば、そんなことはない。戦後、日本経済が麻痺している時期に、一般市民は闇市で食料や日用品などを手に入れていた。闇市を仕切っていたのは任侠団体だった。

 今では芸能人が暴力団と繋がっていると知れると大問題になるが、かつては任侠団体が芸能界を仕切っていた。

 昭和33年に神戸芸能社と名を変えた山口組芸能部は、美空ひばり、田端義夫、山城新伍などの興業の実権を握っていた。その他、橋幸夫、坂本九、三波春夫、マヒナスターズ、舟木一夫など当時のトップスターのほとんどを手がけている。

 昭和34年8月31日、横浜・山下町のナイトクラブ「ブルースカイ」で、美空ひばりの弟が歌手デビューするということで、その後援会の発会式が行われた。当時、ひばりプロの会長であったのは、山口組三代目組長である田岡一雄である。

 発会式が終わり、そのまま「ブルースカイ」で、ひばりと田岡ら一行が飲んでいると、一般客も入ってきた。

 美空ひばりの姿を見つけ、「一曲歌わせろ」とマネージャーに要求する客がいた。鶴政組(現・稲川会)の幹部、佐藤義雄だった。マネージャーからそれを聞いた田岡は、「おしのびで来てるんだから、勘弁してくれ」と断った。それを聞いた佐藤は収まらず、「ぐずぐず言ってないで、ひばりに歌わせろ!」とマネージャーに食ってかかる。

 田岡と若い衆6人は、「表に出んかい!」と言って、佐藤を駐車場に連れ出した。拳銃を突きつけたところで、佐藤の胸にあるバッジに気づいた。

「なんや、稲川組の若い衆や」

 稲川組の創始者である稲川角二を配下においていた、博徒の鶴岡政次郎と田岡は兄弟の盃を交わしていた。

 田岡は手を引いたのだが、佐藤のほうが収まらず、横浜中で田岡を捜し回り、横浜市磯子区の高台の高級住宅街にある、美空ひばりの家にも押しかけた。

 田岡は神戸に帰っていたが、佐藤の行状を聞きはらわたが煮えくりかえった。報復するために150人近い組員を送り込んだ。情報を事前に察知した神奈川県警が、非常警戒態勢を取り、職務質問や検問で凶器を発見したので、事件は未然に防がれた。

【CASE 3/女装ヒットマン】

 任侠の世界と言えば、なんと言っても男気である。ダンディに見えるように、ファッションにも気を遣う。だが、女装して抗争相手を殺した、ヒットマンがいた。昭和59年から平成元年まで続いた、山一抗争と呼ばれる山口組と一和会の争いでのことだ。

 昭和60年、清山礼吉(当時、27歳)は、鳥取県倉吉市に本部を置く、山口組傘下の輝道会の最末端の組員であった。何とか男を上げようと、倉吉にいる一和会幹事長補佐の赤坂進を狙っていた。清山は輝道会会長の杉本輝幸に、ピストルの入手法を尋ねたが、「使った者でさえいざというときには目標を外すのに、使ったことのない者には無理だ」と断られてしまう。

 なすすべもなく、日々を過ごしている頃、倉吉駅前のスナックでいたずらに唇にルージュをさしてみると、「似合うわ」とママから褒められて女装に目覚める。ソープランドに努める知り合いの女性から、服や化粧道具、イヤリング、ネックレスを身につけて、女装にはまっていく。

 そして、狙っていた赤坂進が、そのスナックにたまに来るということを、清山は知る。清山は女装してスナックに毎日行くようになった。客にはオカマとしておもしろがられ、無給のホステスとして働いたのだ。

 赤坂のほうは、末端組員の清山の顔など知るよしもない。赤坂もオカマホステスを自分の席に呼ぶようになり、しだいに懇意になり、清山は赤坂に女性を紹介するまでになった。

 10月26日、赤坂の好みの女性が店に来るからと、清山は赤坂に電話してスナックに呼びだした。そして、同じ輝道会でピストルの扱いに慣れた、山本尊章(当時、36歳)を呼んだ。山本はカウンターでコークハイを飲んでいた。

 赤坂は2人の組員を伴って店に来た。女性が来るというのはウソなので、いつまで経っても来ない。清山はバカ話をしながら、3時間も座を持たせたが、とうとう赤坂は帰ると言って立ち上がった。

 その時に、山本がカウンターから離れ、ピストルを発射。赤坂とひとりの組員に打ち込んだ。車の運転のため、先に外に出ていた組員が銃声に気づき戻ってきて、山本を取り押さえた。後から清山は包丁で、その組員を刺した。赤坂らは、虫の息となった。

「警察を呼ぶから、あんたたち待っててよ」

 ママがそう言うと、清山と山本はパトカーが来るのを待って逮捕された。赤坂とひとりの組員が死亡。刺された組員は命は取り止めたが、重傷を負った。

 公判では、清山は自分が主犯であると主張した。だが、山本の発砲でふたりが死亡、清山は重傷を負わせただけという事実関係から、清山に懲役15年、山本には無期懲役の判決が下った。

 清山は「多大な戦勲を上げた」として現在、輝道会の会長となっている。
(文=深笛義也)

【参考文献】『明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典』 東京法経学院出版 『首領』(ドン)著:大下英治/大和書房  『組織暴力の実態』毎日新聞社 『暴力許すまじ』広島県警 『山口組ドキュメント 五代目山口組』著:溝口敦/講談社 『撃滅 山口組vs一和会』著:溝口敦/講談社

※イメージ画像:『血別 山口組百年の孤独』サイゾー

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月28日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。