DV、離婚、遺体解体...4人を殺害"透明"にした事件の真相! 死刑囚・風間博子は無実か?

DV、離婚、遺体解体...4人を殺害"透明"にした事件の真相! 死刑囚・風間博子は無実か?

 ボディを透明にする――で、思い出す人も多いだろう。1993年、4人を殺害し"透明"になるまで切り刻んだ「埼玉愛犬家連続殺人事件」。事件の犯人として元夫とともに死刑判決が確定している風間博子だが、逮捕から一貫して殺人には関わっていないと主張、再審請求を行っている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/11/post_7892.html】

 さいたま地裁で棄却され、即時抗告により東京高裁で再審は審理されていたが、11月6日棄却された。11月9日、内山成樹、大熊裕起、両弁護人が最高裁に対して特別抗告を行った。

■ボディを透明にする

 風間博子とともに、死刑判決が下されているのは、元夫の関根元である。

 関根は、自分の犯行のやり方を「ボディを透明にする」と言っていた。これは、被害者の遺体を隠すため、肉をサイコロ状に細かく切り刻み、骨を粉になるまで焼く方法だ。犯行の最も雄弁な証拠となる遺体を、ほとんど消滅させることができる。

 関根は、殺害に関わっていることを自ら認めている。他の者の供述などを含めてみれば、事件は関根が引き起こしたことは明らかだ。だが、果たして風間は本当に関わっていたいたといえるのだろうか? 「死体損壊遺棄」の容疑で逮捕された男の脆弱な供述、さらに関根のDV行為...、これらが複雑に絡み合ったこの事件の真実を探る。

■山崎永幸という男

 埼玉県熊谷で、関根と風間は、犬の繁殖や売買を行う「アフリカケンネル」を共同経営していた。そこで関根と親しくなり、「アフリカケンネル」役員になっていたのが、山﨑永幸だ。

 93年以降、関根とトラブルがあった4人が行方不明になる。しかし遺体がないため、捜査は難航。だが、94年秋になって、山﨑の妻が、勤務先の建設会社から、5000万円を横領している事実を捜査当局がつかむ。痴話喧嘩のもつれから発生した事件で、被害者の処罰感情も弱いものであったが、山﨑への揺さぶりに使えると考え、捜査当局は妻を逮捕した。

 山﨑は任意の取り調べに応じ、「死体を見せつけられた恐怖から、死体の運搬と、解体し終わった死体の遺棄を手伝った。殺人は、関根元と風間博子によるもの」などと供述した。この供述に基づいて、関根と風間は、95年1月5日逮捕された。この日、山﨑の妻は釈放されている。

■取調べの供述から一転「風間は無実」、5回発言

 だが、関根と風間の公判に証人として出廷した山﨑は、次のように語った。

「(風間)博子さんは無実だと思います」「人も殺してないのに、何で死刑判決出んの?」

 同様の発言を、一審と控訴審あわせて、山﨑は5回している。しかもかなり詳細に語りはじめたのだ。

■山崎の証言はなぜ変わった?

 死体損壊遺棄の容疑で1月8日に逮捕された山﨑は、その後、埼玉地方検察庁熊谷支部の資料室と執務室での計2回、それぞれ妻と元妻と2人きりにさせてもらい、そこでセックスしたと法廷で証言している。これについて、担当だった岩橋検事も2人きりにさせたことは法廷で認めている。また、供述に当たって、岩橋検事は「起訴はしない。したとしてもすぐに保釈する」と約束したという。実際には山﨑は起訴され実刑判決を下されるのだが......。

 セックスや妻の釈放、保釈の約束......、便宜供与と引き替えに得られた供述は、信用性が疑われるのが当然だ。その、もともと脆弱であった供述が「博子さんは無実」という証言によって法廷で覆されたのだから、一大事である。

 だがこれを報じた新聞は一紙もなかった。風間が再審請求していることや、地裁の時も今回も、棄却の事実さえ新聞は報じないのだ。

■風間の主張

「埼玉愛犬家連続殺人事件」では、3件の事件で、4人が犠牲となっている。風間は2件の3人の殺害に関わったと判決ではされている。

 1件目は、93年4月20日、犬の売買で関根とトラブルになっていた川崎明男さん(39歳)が殺害された件。

 2件目は7月21日、稲川会八木田一家高田組代行の遠藤安亘さん(51歳)が殺される。遠藤は川崎さん殺害に気づいて関根を強請っていたのだ。同時に遠藤といつも一緒にいる付き人の和久井奨さん(21歳)も殺害された。

 3件目は、8月26日に殺された、関口光江さん(54歳)。関根は関口に、法外な値段で犬を売りつけた上、偽の投資話で金を巻き上げている。関口さん殺害については、風間は起訴されていない。

 山﨑は群馬県片品で、国鉄(現JR)から買った貨車二台をL字型に置き改造した、地元で「ポッポハウス」と呼ばれるような家に住んでいた。いずれの遺体も、このポッポハウスに運ばれ、風呂場で解体された。細かく刻まれた肉片は、近くの渓流に流される。高温で燃やされて粉になった骨は、山林に捨てられた。

 逮捕から一貫して殺人に関与したことは否認してきた風間だが、全面無罪を主張しているわけではない。

【1件目川崎さん殺害における、風間の主張】

 川崎さんの車であるアウディを運転する山﨑に、風間は自分のクレフで、東京の八重洲地下駐車場までついていき、山﨑を乗せて熊谷に戻っている。山﨑は、東京に住む元妻や愛人と、よく車の貸し借りをしていた。キイを共有し、顔を合わせずとも車の受け渡しができることを風間は知っていたので、そのための車の移動だと思っていた、というのが風間の主張だ。

【2件目、遠藤さん、和久井さん殺害における風間の主張】

 遠藤が殺害される7月21日は、「今夜、遠藤んちに行ってるから、10時頃迎えに来てくれ」と関根に言われ、30分ほど遅れて風間はクレフで行き、犯行に居合わせてしまったという。

 その後、山崎がクレフを運転。関根に命じられて、風間は2人の遺体が乗ったカリーナバンを運転。2台で片品に向かった。ポッポハウスでは、解体を始めた関根に怒鳴られて、遺体の手と脚を持ったが、すぐに「もういい」と言われた。これが死体損壊遺棄にあたることは、風間自身も認めている。

■事件組み立ての基になった、山崎の最初の供述

 では、証拠とされている山﨑の取り調べ時の供述をみてみよう。

「アフリカケンネル」は、埼玉県熊谷の繁華街にペットショップを構え、街から離れた万吉というところに「犬舎」を持っていた。7月21日は、その万吉犬舎から、関根と風間と山﨑の3人でカリーナバンに乗り、遠藤宅に向かったというのだ。山﨑は遠藤宅には入らず、関根と風間によって殺害行為が行われたと語った。

 犯行後は、2人の遺体が乗ったカリーナバンを山崎が運転して午後11時15分頃、万吉犬舎に戻り、クレフと自分のベンツの間に停めた。その後、山﨑がクレフを運転、助手席に関根を乗せたカリーナバンを風間が運転し、片品に向かったとなっている。

■山崎の最初の供述が虚偽である証拠

 これが事実なら、昼間からその時間までクレフは万吉犬舎の駐車場に停まっていたことになる。また、ベンツはそのまま翌日まで停まっていたことになる。

 関根とトラブルになっていた川崎が行方不明になったことで、埼玉県警は関根を疑い万吉犬舎を監視していた。それを記録した行動確認日誌には、クレフもベンツも見られた記録がない。

 判決では捜査官の見落としとされたのだが、再審請求の新証拠として提出されたのは、万吉犬舎の駐車場と監視場所との位置関係を、航空写真や動画で撮影したDVDである。現在は駐車場であった場所に作業所が建てられているが、当時は駐車場と監視場所の間は田畑で遮るものは何もなく、距離も120メートルしか離れていない。駐車場には壁も柵もなく、停まっている車両そのものが見える。実際に出入りのあった車は、車両ナンバーまでが日誌に記載されている。

 クレフもベンツも見られていないのは、山﨑の供述が虚偽であることを示しているといえるだろう。山﨑は自車であるベンツで万吉犬舎に来たと言っているが、最初から犯行に使われたカリーナバンで行動していたとなると事前共謀を疑われるので、監視されていた時はしかたがないとしても、それ以前の犬舎への到着はベンツによるものとしたのではないか。

■風間博子は被害者か? 関根からのDVに怯えた日々

 ところで、風間の主張が事実であるなら、なぜ共謀もしていない風間を犯行現場に呼び寄せたのか、という疑問が浮かび上がってくる。

 風間は結婚以来、関根からのドメスティックバイオレンスに悩まされていた。風間自身も暴力を振るわれていたが、風間の連れ子である長男への虐待はひどかった。木刀で殴りつけるのは序の口で、裸にして玄関のコンクリートの上に正座させ、膝の上にブロック三、四個載せ、ホースで水をかけるのもしょっちゅうであった。2階から突き落とされることもあり、「このままでは殺されてしまう」と風間は心配したのだ。

 事件が起きる前年の92年12月、アフリカケンネルに税務調査が行われる。「離婚をして不動産名義を風間に移し、関根は県外へ出て、別居したほうがいい」とのアドバイスを風間は弁護士から受ける。翌年になって暴行を受けることを覚悟しつつ、税金対策のための離婚だと説得し、1月25日、法的な離婚が成立。関根は出ていき、ポッポハウスで山﨑と一緒に住むなどして、生活も別になった。

 だが、そのうちに関根は、風間が本当に自分から離れていこうとしていると考えるようになった。そこで、共犯という軛でつなぎ止めようとしたのではないだろうか。実際に、犯行に巻き込まれたショックから、風間は再び、関根の支配下に置かれるようになった。

山﨑は関根から、それまで殺したのは30人以上だと聞かされたという。「ボディを透明にする」手法にしても、警察の監視をかいくぐって殺人を行う大胆さを見ても、関根はたぐいまれな殺人のエキスパートだ。関根は風間の性格を熟知している。共謀していない風間が現場に来ても、犯行をやり遂げるのに障害にはならないと思ったのだろう。

■あまりにもお粗末な再審棄却理由

 今回の高裁による再審棄却の理由には、次のように書かれている。

「本件日誌には、7月21日16時20分頃に万吉犬舎前の駐車場で確認されていたカリーナバンが、同日17時21分頃に市内方向から万吉犬舎に戻ってきたとの記載があるのに、その間に当然あったはずの同車が万吉犬舎前の駐車場を出た事実について記載がないなどの遺漏が認められる」

 だが、一時的な車の出入りの見落としが、長時間に渡って停車していたはずの車を1度も視認しなかったという理由になるだろうか。そのような当然の疑問に対して、高裁の決定文は、あまりにも苦しい言い逃れをしている。

「(監視をしていた)渡辺警察官は、同日午後7時34分から同日午後10時5分までの間について、何をしていたか記憶がないと証言している」

 通常なら、一般人より警察官の証言に信用性を置く裁判所が、なんと警察官の職務怠慢による見落としだとしているのだ。だが、山﨑の供述の通りなら、ここで言われている時間帯外にも、ベンツやクレフは停まっていたはずなのだ。

 あまりにも、お粗末で不当な理由での棄却である。特別抗告を受けて、最高裁は再審を行うべきであろう。
(文=深笛義也)

※画像は死刑囚・風間博子

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「DV、離婚、遺体解体...4人を殺害"透明"にした事件の真相! 死刑囚・風間博子は無実か?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    さつ人とレ●プは日本猿の国技

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月12日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。