巨大な"蝶型"UFO「メタル・バタフライ」出現!! 軍用ヘリに追跡されていた!?=米国

巨大な"蝶型"UFO「メタル・バタフライ」出現!! 軍用ヘリに追跡されていた!?=米国
拡大する(全1枚)

 米国オハイオ州とケンタッキー州の国境近くで目撃された、前代未聞のUFOが話題になっている。英「Yahoo! News」にまで取り上げられた今回のUFO、なんと蝶のような形をしていることから、「メタル・バタフライ」と呼ばれて注目を集めているのだ。また、その姿を収めた画像は、これまでに撮影されたUFO画像の中でもトップクラスの鮮明さを誇り、機体の窓やライト部分までも確認することができるという!

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2015/11/post_7872.html】

■巨大な蝶型UFO!? それを追跡する軍用機まで目撃される!

「メタル・バタフライ」は、10月24日夜7時ごろ、レストランで夕食を楽しむ父と17歳の息子によって撮影された。撮影された画像には、悠々と夜空を移動する様子が収められており、まさに巨大な黒い蝶が飛んでいるかのようである。動画からは、この謎の物体がかなりの速度で移動していたこともわかるのだが、親子によると周囲には何も聞こえず"無音"で飛び去っていったという。

 さらに親子は、自宅へ戻る途中、この奇妙な物体を追跡するかのような2機の黒い軍用ヘリも目撃している。驚くほど速いスピードでUFOと同じ方向に飛び去ったため、その様子を撮影することはできなかったが、『無音で飛行する巨大物体と、それを追跡する軍用ヘリ』というあまりにも奇妙なシチュエーションに困惑。真相を明らかにしたいと、YouTubeチャンネル「Secureteam 10」の製作者であり、UFO研究家でもあるテイラー・グロックナー氏に分析を依頼することにした。

 調査に乗り出したグロックナー氏は、まず動画からUFO出現時に多く見られる"フラッシュ現象"を確認。そして拡大してみたところ、機体の窓やチャンバーなどもハッキリ確認することができたという。さらに氏は、物体に地球上の人工物には見られない数々の特徴があることを指摘し、「ここまで鮮明なUFO画像は珍しい」と、間違いなくUFOであることを主張している。

■"鮮明すぎる"画像に懐疑的な声も...

 これだけでも十分話題になる目撃談であるが、もう1つ注目を集めているのが、この画像の"鮮明さ"である。同じくUFO研究家であり『UFO Investigations Manual』の著者であるナイジェル・ワトソン氏は、「鮮明に写りすぎている」として、画像がCGである可能性を主張しているのだ。

 ワトソン氏は、この蝶型UFOがSF映画『スター・ウォーズ』の中に出てくるミレニアム・ファルコンに酷似している点を指摘しており、「これだけ巨大なUFOにもかかわらず、ほかの目撃談がないのはおかしい」と、画像の信憑性に真っ向から疑問を投じている。これにつられて、「絶対CGだ!」という声や「いや、地上を偵察に来た母艦である」という反応など、賛否両論さまざまな意見が飛び交っているのが現状だ。

 さて、グロックナー氏が指摘した"UFO出現時に現れる謎のフラッシュ現象"は、先日話題になった「V字型UFO」が出現した際にも確認されたという。氏は、蝶型UFO「メタル・バタフライ」が本物である判断する根拠として、このフラッシュ現象も挙げており、「機体にある窓から、宇宙人が地上を覗いているのでは......」と考察している。

 真相を確かめることは困難かもしれないが、もしもこれが本物であったとしたら、UFOが蝶の形を模すその目的とは一体何だったのだろう。考えるほどに新たな疑問が湧くという意味では、類稀なUFO目撃例と言える。
(文=遠野そら)

※イメージ画像:「Thinkstock」より

編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク