1時間に2回の性交で、男性の生殖能力は3倍になる! 不妊治療界の通説が覆る

1時間に2回の性交で、男性の生殖能力は3倍になる! 不妊治療界の通説が覆る

■1時間のうちに2回目に放出した精子のほうが着床率が高い

 イギリスの「Daily Mail」紙によると、ロンドンのミドルセックス大学付属であるノース・ミドルセックス病院のリサーチ結果において、1時間の間に2回セックスすることは、父親になる可能性を3倍に高めるという結果が報告された。実は、この報告は2度目の報告であるということも重要なポイントである。

 このリサーチは、同病院で精子を直接子宮に注入し着床を促す、子宮内受精タイプ(IUI)の不妊治療を受けていた73組のカップルを追跡調査した結果から導き出されている。低受胎性の精子をもつと診断された男性から1時間のうちに2回精子を採取し、2回目に採取されたサンプルを女性の子宮に直接注入した場合、通常6%とされていた着床確率が、3倍以上である20%に跳ね上がったのである。

 15組は、1度目の注入で着床し妊娠が確認され、さらに10組が2度目の注入で着床し、その後1カ月内に、女性の排卵にタイミングをあわせての3度目の注入で、最終的に34%の成功という結果となった。

 これは不妊治療界の通説である「妊娠力をあげるためには、精子を無駄撃ちせずにためておくことがポイント」であるという説を真っ向からひっくり返すものであり、物議をよんでいる。実際、NHS(イギリスの国民医療サービス)のガイドラインでも、妊娠を目的としたセックスであるならば、女性の排卵のタイミング合わせて、少ないとも2日間はセックスを控えて、精子をためておくことが、妊娠の可能性をあげるためには重要なポイントであるとしている。

 だが、今回の結果によれば、射精を繰り返すことによって、新しい精子をつくり出し、ためておかれた古い精子よりも、つくられたばかりの精子のほうが受胎性が高いということが明らかになってきたわけである。バーミンガム大学のジャクソン・カークマンブラウン生殖科学博士も「大きな誤解が蔓延している」と発言している。今回のリサーチは、体外受精(IVF)と子宮内受精(IUI)とでの受精成功率の比較の調査の一環として行われたものであったが、今回の結果によって既存の体外受精での成功率24%と比較しても遜色なく、体外受精にかかる6000ポンド(約111万円)と比較して10分1ほどの費用で済むこのローテクな不妊治療を促進していくべきであるとの声さえあがってきているという。

 逆に、精子の量を減らし、質を低下させる原因のひとつとしてサイクリングがあげられている。ハードなサイクリングによって体内に炎症反応の一部としてサイトカインという物質がつくられ、このサイトカインが精子の形成に影響を及ぼすことが知られている。特定のサイトカインが、精子の形状と機能に損傷をあたえるというものである。サイクリング特有のピッチリとしたウェアのため睾丸が効率良く放熱するができないことや、サドルという身体への負担の大きい椅子に長時間座っていることも、精子の形成には影響があるとしている。

 おそらく、ここで言われているサイクリングとは、負荷の高いスポーツサイクリングのことであろうが、妊娠を目的とするセックスを望まれている方は、過度なサイクリングを控え、セックスの回数をできるだけ増やしてみるというのも、ひとつの手段ではなかろうか。
(文=高夏五道)

画像は、Thinkstockより

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月10日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。