1歳で原子番号覚え、5歳で7カ国語を操った天才少年! テレパシー能力も備えている可能性!

1歳で原子番号覚え、5歳で7カ国語を操った天才少年! テレパシー能力も備えている可能性!

 言葉や表情ではなく、人の心から直接その心理を読み取る超能力の一種であるテレパシーはフィクションの世界でのみ存在すると思われていた。しかし、ハーバード大学の研究者たちによって行われる科学的なテレパシーの実験に向けて、今注目されている"ある少年"について11月16日付の米情報サイト「Oddity Central」が報じた。

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2015/12/post_8184.html】

■嘘か本当か? 人の心を読む驚異の5歳児!!

 アメリカのロサンゼルスに住むラムセス・サンギーノ君(5歳)は並みの少年ではない。彼の母親がネット上に投稿した動画の中で、ラムセス君が見ていないところで母親の書き出した数字を暗唱したり、英語辞書に載っている中で一番長い45文字の英単語の綴りを前と後ろの両方から書いたりと5歳児では考えもしないであろうことをいとも簡単にやってのけるのだ。

 ラムセス君は自閉症と診断されているが、その中でも知能に遅れを伴わない高機能自閉症児であるという。そしてその映像が科学者たちの目にとまったのである。

 母親のニークス・サンギーノさんは「息子は赤ちゃんのときから本を読むのが好きな子でした。生後12カ月から本を読み始め、英語やスペイン語、ギリシャ語と日本語が話せました。1歳半になると掛け算表を英語とスペイン語で暗記し、元素の周期表と原始核の中にある陽子の個数を表す原子番号も言えるようになりました」と語る。

 ニークスさんは息子が他の天才児と呼ばれる子供たちとは全く違うと確信しているが、その理由の1つとしてニークスさんが教えた知識以上のものをラムセス君が持っていることを挙げている。

 ニークスさんは「息子にいくつかの言語を教えたのは私ですが、それ以外のヒンディー語、アラビア語、ヘブライ語を3歳で覚えたことに関してはどうしてなのかわからないのです。しょっちゅうつけっぱなしになっているパソコンが原因かもしれません」と語る。

■科学者たちをも虜にするたぐいまれなその能力の謎とは?

 ラムセス君の並外れた知能は、神経科学者として名高く、また、自閉症とテレパシー能力の関係を研究するダイアン・パウエル博士を含む多くの研究者たちを魅了した。前ハーバード大学医学部会員であり、オレゴン州メドフォードの開業医としても活動しているパウエル博士は現在、テレパシーの調査の一環としてラムセス君の能力について研究。以下のような結果が出ている。

・数字を見ないで言い当てる

 博士は母のニークスさんが思いついた数字と乱数発生器から数字を選び、書き出した物を用いてラムセス君にテストをした。すると彼は見事に博士の選んだ数字を言い当てた。また別のテストではラムセス君の視界から隠された二桁を含む17個の数字のうち16個を言い当てたのだ。

 テレパシーが本物であるという科学的な証拠は現時点ではないが、パウエル博士はこの仕組みを正しく理解し用いることができれば、テレパシーが自閉症児と両親の間で意思の疎通を図る1つの方法になると信じている。

 また、もしも主要言語が1つに定まっていないならば、それはテレパシーには申し分のない環境なのだと博士は考える。さらに「私はこれまでに多くのテレパシーを使える自閉症児の報告を受けてきました。そして自分の目で見ることと、厳密に管理された状況下でテストを行うことが可能かを考えていました。私は実際に科学によりその存在を証明された多くの物事と同様に、テレパシーも実在すると確信しています。100%確実とは言いませんが、証拠をこの目で見たのです」とパウエル博士は語る。

■知能の高さゆえの苦労と母の葛藤とは

 パウエル博士によると、ラムセス君は地球上で最も頭のよい5歳児の1人である。しかし、この結果はニークスさんを"息子に適切な学校を見つけられるだろうか"という不安にもさせている。

 ラムセス君は学校で教師の間違いを指摘し続けたことから問題になった過去があるのだ。初めはラムセス君を「小さな教授」と呼んで可愛がってくれた教師もラムセス君から英単語の綴りのミスや数学での間違いを指摘されるようになると、次第に彼を他の生徒達から遠ざけるようになってしまったという。

 ニークスさんはラムセス君を学校へ通わせるのを止め、自宅で通信教育を受けることにした。ニークスさんによると、多くの人はラムセス君の考え方が理解できないのだという。

「息子は数字に夢中で、家や本など見えるものを何でも数えたがります。そしてそのすべてを数え終わるまで動こうとしないのです。また、一緒に遊んでいる子どもたちに数学について質問したりするせいか、友達を作ることが難しく、最終的に息子は一人ぼっちになってしまうのではないかと心配です」

 と母としての胸の内を明かす。

 パウエル博士はこの調査の結果が、才能に恵まれた高機能自閉症児たちのための学校を開校する支援集めに役立つことを願っている。そしてニークスさんはいつかラムセス君の恵まれた能力が世界を変えることにつながると信じているのだ。

 テレパシーを用いて今まで意思の疎通が図れなかった人々と対話ができるようになることは素晴らしいことだ。しかし、実現するまでには多くの調査や研究が必要だろう。5歳という若さで複数の言語と多くの数字を操るラムセス君には大人のしがらみなどに縛られず、そのたぐいまれな能力と共に伸び伸びと生きてほしいものである。
(文=清水ミロ)

※イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「1歳で原子番号覚え、5歳で7カ国語を操った天才少年! テレパシー能力も備えている可能性!」の みんなの反応 1
  • tucker 通報

    ラムセス・サンギーノ君は、『ネアンデルタール人』の形質を大きく受け継いでいるのではないかと思う。 ネアンデルタール人は、現代人より脳容量が大きく、特別な才能を有していた可能性があるのだ。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月8日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。